茅ヶ崎版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

誤徴収 教員の負担軽減を デスク・レポート

教育

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena

 ▽市内の公立小・中学校で、給食費や教材費などを誤った金額で徴収するミスが多発している。4月以降で14件。各校の徴収業務は主に教員が担当し、口座引き落としの場合は金融機関に提出するデータの引き落とし額の入力を誤ったり、集金でも事前配布のプリントの記載額が間違っていたりと原因はさまざまだ。

 ▽昨年度までも誤徴収がなかったわけではない。しかし今年度からは、32校中27校が利用する金融機関の入力システムが変わり、教員たちが対応しきれていないことも大きい。ただ、システムを使用しない場面での単純な計算ミスも発覚しており、お金の事故が続くのであれば徴収の仕組みを見直す必要があるのではないか。教員は夕方以降、翌日の授業の準備、運動会や避難訓練などの行事計画、中学なら部活動も加わり忙しい。文部科学省のデータによると、教員の1週間の平均勤務時間(2016年度)は小学校で57時間29分、中学校が63時間20分と以前より長時間化しているため、負担軽減が求められている。

 ▽民間企業には、概ね経理の担当者がいる。そのため、他の社員は自らの仕事に専念することができる。しかし、茅ヶ崎の学校現場は違う。教員が「本業」の教育にとどまらず「経理」の仕事までカバーさせられている。負担の大きさがミスを誘発しているのではないか。教員が事務作業に追われ、本来の仕事がおろそかになってしまわないためにも、『事務アシスタント』のような存在がいればと想像する。各校に毎月数日ずつ出向き、経理などの事務処理を担う。人件費を試算すると、全校合わせて年間400〜500万円。ひとつのアイデアにはなり得ると思う。

 ▽7月末には文科省が、給食費の徴収を学校ではなく地方公共団体が行う公会計化の推進を発表した。システム導入にかかる予算や市役所内の人材確保などの問題で未だ実現していない茅ヶ崎でも、今後検討されるだろう。いずれにせよ、教員が子どもと向き合う時間を確保してほしい。教育の質が低下したり、子どもの変化を見落としてしまったりしないためにも。

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

音とにおいにふれる道

茅ヶ崎市美術館企画展

音とにおいにふれる道 文化

【3】うつしおみ/香りのパレット

8月16日号

美しい演技で観客魅了

乃羽バレエ

美しい演技で観客魅了 文化

特別公演(ガラ)華やかに

8月16日号

HE―LOW2茅ヶ崎で上映

読者プレゼント

HE―LOW2茅ヶ崎で上映 文化

イオンシネマで9月7日

8月16日号

プログラミング指導法を学ぼう

小学校教諭向け

プログラミング指導法を学ぼう 社会

8月26日に藤沢で

8月16日号

茅ヶ崎ロケ映画きょう公開

茅ヶ崎ロケ映画きょう公開 文化

撮影地見学ツアーも

8月16日号

異業種交流会参加者を募集

茅ヶ崎青年会議所

異業種交流会参加者を募集 社会

8月16日号

出店は過去最大の60店

出店は過去最大の60店 文化

茅ヶ崎マルシェ28日に

8月16日号

残暑お見舞い申し上げます

無料葬儀式場

C-Xメモリアルホール美空

http://www.heiwadou.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

出店は過去最大の60店

出店は過去最大の60店

茅ヶ崎マルシェ28日に

8月28日~8月28日

茅ヶ崎版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク