茅ヶ崎版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

(PR)

健診結果「要再検査」「要精密検査」が出たら… 茅ヶ崎徳洲会病院医療レポート【13】 二次検査に健診の真価 健康管理センター長・検査科部長 津田英哉

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena

 市民検診の結果が届く時期だ。「『要再検査・精密検査』だけど二次検診は面倒」という声も。健康診断の“効能”を向上させる二次検診のススメについて、茅ヶ崎徳洲会病院・健康管理センター長の津田英哉医師に話を聞いた。

 「私たちの仕事は、再検査を受けにくる方が抱かれている不安を取り除くこと。健診に特化した当センターに求められているのは『なぜその数値が出たのか』『どうすればいいのか』を分かりやすく説明すること」と津田部長は穏やかに話す。

 二次検査に二の足を踏ませるのが「再検査後『異常なし』と診断され戸惑った」というケース。津田部長は「疾患ではない、という意味では『異常なし』ですが、『そのままで大丈夫』では決してない」と警鐘を鳴らす。

 寝覚めが悪い、疲れやすいなどのサインは見過ごされやすく「肝臓に限らず、ほぼ全ての臓器は“沈黙の臓器”と化している」(津田部長)。「健診結果は日々の体の状態を一定のタイミングで切り取った数値。前年、一昨年の数値と比較することで体の不調が見えてくる」と津田部長は力を込める。病気の早期発見をつかみ、不調の理由、今後の対処方法の指針をつかむ。これが健診の真価だ。「地域のかかりつけ医として、気軽にご相談ください」【取材協力・茅ヶ崎徳洲会病院】

医療法人徳洲会 茅ヶ崎徳洲会病院

茅ヶ崎市幸町14-1

TEL:0467-58-1311

http://www.chigasakitokushukai.jp/

茅ヶ崎版のピックアップ(PR)最新6

本年中にご不幸を出された家のお正月の過ごし方 昔と今

子ども英語アート

県立辻堂海浜公園

子ども英語アート

ネイティブ講師が指導

11月22日号

噛める入れ歯で健康生活

噛める入れ歯で健康生活

院内技工所併設なので、当日修理も

11月22日号

寄り添う介護・ゆとりの空間

介護付有料老人ホーム「ファミーユ湘南」

寄り添う介護・ゆとりの空間

11月15日号

年末調整を忘れないで

学ぼう税(まなぼうぜ)Vol. 37

年末調整を忘れないで

11月15日号

NHKでも話題『家族信託』

無料講座

NHKでも話題『家族信託』

11月30日(土) 申し込み受付中

11月15日号

定期預金に年利0・2%上乗せ

定期預金に年利0・2%上乗せ

スルガ銀行で特別金利キャンペーン

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 4月20日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク