茅ヶ崎版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

茅ヶ崎と気仙沼をサッカーでつなぐ ちがけせん

社会

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena
代表理事の日向さん
代表理事の日向さん

 茅ヶ崎と宮城県気仙沼の小・中学生のサッカーを通じた交流や支援を毎年続けている「特定非営利活動法人ちがけせんプロジェクト」。その代表理事・日向正篤さん(62・浜之郷在住)は「私たちにとってはもう10年。でも被災地の人にとっては”まだ”10年」と月日の流れを思う。

 コロナ禍を受け、団体としての活動ができなかった2020年。それでも日向さんは春と夏、個人的に気仙沼を訪問した。「顔を合わせることで、また切実な話が溢れてくる。復興が進み街並は変わっても、人は変わらない」

 2011年3月、日向さんの友人の実家がある気仙沼に、震災直後に物資を届けたことから活動は始まった。仮設住宅が建設された学校のグラウンドで、「サッカーをする場所がなくなっちゃった」という子どもたちの声を聞き、翌12年に気仙沼の小・中学生を茅ヶ崎に招待した。それを機に、毎年夏に茅ヶ崎、春には気仙沼でサッカーを通じた交流を続けている。

熱量変えず伝え続ける

 最初は子どもと大人合わせて1000人いた参加者も、3年が経つ頃には100人ほどに。たくさんいた他の支援団体も時間とともに数が減っていく。しかし「震災を風化させてはいけない」。経済支援として気仙沼のサンマやホタテを仕入れ、茅ヶ崎などのイベントで得た販売益を活動資金に充てた。より継続的な活動を目指し、参加者数も年々回復。一昨年には約400人が集まった。今では現地の人の「今年も楽しみにしてるよ」の声に励まされる。「震災を知らない世代も増えてきた。その中でも熱量を変えず事実と経験を伝え続けることが大事」

 先日、日向さんのもとへ気仙沼の20歳の男性からメールが届いた。”当時私は10歳。震災の中、ちがけせんでサッカーをしたことが大切な思い出です”。「この言葉で僕らも頑張れる」と日向さんは頬を緩ませた。

一昨年の夏、気仙沼から茅ヶ崎を訪問した子どもたち(大円真太郎さん提供)
一昨年の夏、気仙沼から茅ヶ崎を訪問した子どもたち(大円真太郎さん提供)

賃貸物件の管理募集中!

空室でお困りのオーナー様は、お気軽にお電話ください。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

「5G」を学ぶセミナー

「5G」を学ぶセミナー 経済

4月24日 オンラインで

4月16日号

新たに20人の感染者を確認

新型コロナ

新たに20人の感染者を確認 社会

4月16日号

BMXの五輪強化育成選手・内藤さんが茅ヶ崎市長を表敬訪問

【Web限定記事】

BMXの五輪強化育成選手・内藤さんが茅ヶ崎市長を表敬訪問 スポーツ

5月14日からジャパンカップ出場

4月16日号

ハンドメイド展開催

ハンドメイド展開催 文化

ギャラリー街路樹で

4月16日号

茅ヶ崎市による子育て短期支援事業

【Web限定記事】

茅ヶ崎市による子育て短期支援事業 社会

食事、身の回りの世話、学習支援など

4月16日号

シティプロモーション担当新設

【Web限定記事】茅ヶ崎市

シティプロモーション担当新設 政治

4月から組織改正

4月16日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter