茅ヶ崎版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

市財政 苦しいからこそ柔軟に デスク・レポート

政治

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 ▽「お金がない」。茅ヶ崎市政について話せば、よく耳にする言葉だ。市役所建て替え、文化会館リニューアルなど公共施設整備で発行した市債(市の借金)の返済が、本格化しているためである。2020年に市は財政健全化を3年計画でスタートさせた矢先の、コロナショック。財政難は当面続きそうだ。

 ▽「人があたたかい」。市民性がテーマなら、こちらも頻繁に登場するワード。「お金がない」状況でこれまで新小学1年生へ市から無料配布してきた『黄色い帽子』は、新年度から有料化となり、家庭負担に。黄色い帽子は、過去の予算ベースで約180万円。家庭負担となれば、1個1000円ほど。これを本紙2020年12月11日号で報じたところ、「あたたかい人」が2者現れた。市内の第一カッター興業(株)、(株)ウェブデモだ。「子どもの安全を守る帽子が、市の予算から外れるのはおかしい」。そんな思いから2者が市役所へ連絡し前者が黄色い帽子、後者が横断旗を買って寄贈した。

 ▽なぜ、黄色い帽子の予算がカットされたのか。お隣の平塚では、無料配布の帽子を全学年で着用している一方、茅ヶ崎はほとんどの学校で1年生の1年間だけしか使われていないことに一端がある。この春に企業から寄贈された黄色い帽子はLサイズ。安全確保の上で、少しでも長く被ってほしいという思いが込められており、市もそう促していく方針だ。結果的には、行政、学校、地域によって帽子の存在意義が見直され、市民の目が児童の安全に向けられる機会となった。

 ▽茅ヶ崎市は厳しい財政運営が続く中、無駄遣いは決して許されない。物事の必要性についてさらなる議論と検証も必要だ。持続可能な街づくりへどうしても困った時には、市民から協力を得るのもひとつの選択肢。寄付、クラウドファンディング、ネーミングライツといったお金だけではない。市民のアイデアやマンパワー、民間のノウハウを貸してくれるかもしれない。時代の潮目を迎え、これまで以上に柔軟な舵取りが求められる。
 

賃貸物件の管理募集中!

空室でお困りのオーナー様は、お気軽にお電話ください。

https://www.inaoka-h.com/

<PR>

茅ヶ崎版のローカルニュース最新6

「5G」を学ぶセミナー

「5G」を学ぶセミナー 経済

4月24日 オンラインで

4月16日号

新たに20人の感染者を確認

新型コロナ

新たに20人の感染者を確認 社会

4月16日号

BMXの五輪強化育成選手・内藤さんが茅ヶ崎市長を表敬訪問

【Web限定記事】

BMXの五輪強化育成選手・内藤さんが茅ヶ崎市長を表敬訪問 スポーツ

5月14日からジャパンカップ出場

4月16日号

ハンドメイド展開催

ハンドメイド展開催 文化

ギャラリー街路樹で

4月16日号

茅ヶ崎市による子育て短期支援事業

【Web限定記事】

茅ヶ崎市による子育て短期支援事業 社会

食事、身の回りの世話、学習支援など

4月16日号

シティプロモーション担当新設

【Web限定記事】茅ヶ崎市

シティプロモーション担当新設 政治

4月から組織改正

4月16日号

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter