寒川版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える あっとほーむデスク 11月6日0:00更新

  • LINE
  • hatena

 大河ドラマ「麒麟がくる」がいよいよ終盤に入る。本能寺の変は、光秀の最後はどう描かれるだろう。それ以上に興味深いのが、来年の大河「鎌倉殿の13人」。主人公が北条義時(小栗旬)なら間違いなく、梶原景時も登場する。一之宮小の近くに館を構えたという、寒川ゆかりの御家人。歌舞伎やドラマで悪役や敵役にされがちだが、名脚本家の三谷幸喜さんなら、予想を裏切る景時を描いてくれるはず。キャスト発表まだかな (A)

寒川版のあっとほーむデスク最新6

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

11月6日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

10月23日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

10月9日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

9月25日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

8月28日0:00更新

あっとほーむデスク

記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

あっとほーむデスク

7月10日0:00更新

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク