平塚版 掲載号:2013年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

大島明石線延伸へ要望強化 伊勢原市と協議会設立へ

政治

 県道606号大島明石線の延伸整備について、平塚市は7月、伊勢原市との2市間で、両市長を会長・副会長とする整備促進協議会を設立。早期着手に向けて連携し、神奈川県への要望活動を強化する。19日の市議会定例会で、出村光議員(湘南フォーラム)の総括質問で明らかにした。

 大島明石線は現在、平塚八幡宮のある国道1号線交差点から、県道44号伊勢原藤沢線の大島交差点まで約5Kmが開通しているが、大島交差点以北は未整備。

 平塚市は、この区間を都市計画道路と位置づけ、3市3町の広域行政推進協議会などを通じ、県に延伸を要望してきた。

 落合克宏市長は答弁で「北に抜ければ伊勢原の工業団地、新東名の厚木南インターにもつながる。平塚の産業活性に大きく資する道路になる」と整備の必要性を訴えた。

 土木部長の答弁によれば、県は2016年度、今後10年間の県道整備の根拠となる「かながわのみちづくり計画」を見直し、新たな改定計画を策定。両市は同計画の中にこの路線が位置づけられるよう、湘南と県央の産業を支える南北軸として要望を強化する。
 

平塚版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク