平塚版 掲載号:2018年5月17日号
  • LINE
  • はてぶ

「黄色いタスキ」で声かけの輪 鈴木満江さん 視覚障害者向けに発案

社会

たすきを持つ鈴木さん(右)と神部さん
たすきを持つ鈴木さん(右)と神部さん
 視覚障害者への声かけの輪を広げようと、立野町在住で横浜発明振興会所属の鈴木満江さん(70)が、障害者が手助けを必要とする時にかけてもらう「幸せの黄色いたすき」を開発した。クラウドファンディングを活用し、普及に取り組んでいる。

 たすきには「2〜3分サポートお願い」とつづられ、手を差し伸べるべきか迷っている周囲の人が声をかけやすくする。

 鈴木さんは「断られるのではないかと躊躇してしまいがちですが、目印があればサポートしやすい。2〜3分でよいというメッセージも、助ける側の心の負担を解消するポイント」と笑顔で話す。

 視覚障害者が駅のホームから転落する事故を報道で知り、問題意識を抱えていたという鈴木さん。昨年の衆院選で候補者の立ち姿を見て、たすきの活用を思いついた。

 アイデアは、同発明振興会の2017年度最優秀賞を受賞。取り組みに共感した鈴木さんの知人で、元パイロットコーポレーション社長の神部禎夫さん(88)=長持在住=が、視覚効果や使いやすさなど企業で培った見識から助言を提供、現在の試作品が完成した。

 神部さんは「マスクドニーズ(隠れたニーズ)を掘り起こす素晴らしい道具だと思った」と、過去のヒット商品にも通じる着眼点を評価する。

 鈴木さんは、ホームからの転落事故を防ぎたいといった意義を関係団体に訴え、昨年11月〜4月に約30本の試供品を配布。「駅でコーヒーを飲みたいと思って肩にかけたら、店まで連れて行ってくれた」「家電量販店で声を出さなくても店員が来てくれ、すぐに目当ての物を買えた」などの声が報告されたという。

 資金集めは募集サイト「レディーフォー」を活用、1口2千円〜でリターンとしてたすきを届ける。6月25日までの期限で100万円を集め、500本を配布するのが目標だ。目標額に達しないと全額返金され、計画は一旦とん挫。今後の活動を占う試金石になる。

 鈴木さんは「手助けをすると心が軽やかになる。助け合いの輪が広がれば」と期待している。問い合わせは鈴木さん【携帯電話】090・6509・8078。

数量限定!大人気メニュー

箱根「田むら銀かつ亭」の豆腐かつ、自然薯コロッケ使用のサンドウィッチ販売中

https://www.brooks.co.jp/nk/cafe/

<PR>

平塚版のローカルニュース最新6件

山協印刷 テクノフェアに出展

山協印刷は湘南クチコミナビ「湘南ナビ!」を応援しています。

http://www.shonan-navi.net

鈴木製餡所 テクノフェアに出展

10月20日(土)当店ブースで特選あんこ「湘南の夢®」(こし/小倉)など販売

http://suzukiseian.d.dooo.jp/

<PR>

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク