平塚版 掲載号:2018年7月19日号
  • LINE
  • はてぶ

(PR)

私がお答えいたします… 墓じまいまちなかステーション 行政書士 加藤 俊光

跡継ぎのいない先祖代々のお墓を海洋葬で散骨したい。どうしたらいい?

 跡継ぎがいない先祖代々のお墓を閉じるにあたって、海洋葬で散骨したいと願う方からのお問い合わせが増えています。

 広い海で自然に還れる海洋散骨は新しい供養のかたちとして注目されていますが、手を合わせる場所がなくなることも少し配慮してください。あなたを思い偲ぶ方々の心を大切にしながら海洋散骨でお墓じまいをするためには何をすべきか、美談に惑わされずに一緒に考えていきましょう。

 また、海洋散骨の場合には改葬許可証の発行に難色を示す役所もあるため注意が必要です。当事務所は、国家資格を持つ代表自身が役所の申請手続から墓地管理者との折衝や海洋散骨業者の手配までをマンツーマンで対応、法律知識と調整力には自信があります。どうぞお気軽にご相談ください。
 

加藤法務行政書士事務所

平塚市紅谷町9-1リーデンスタワー湘南平塚2F

TEL:0800-1230913

http://machinakastation.net/

平塚版のピックアップ(PR)最新6件

ミナミハウジング通信

月一連載コーナー

ミナミハウジング通信

11月8日号

新型「トール」の販売受付を開始

賃貸物件管理の悩み解決します

空室・滞納・入居者トラブル・建物診断・相続など

賃貸物件管理の悩み解決します

11月8日号

本まぐろの豪快料理

悩む鼻炎を治すには

医療講座

悩む鼻炎を治すには

11月8日号

秋の紅葉ハイクを楽しむ

12月1日

秋の紅葉ハイクを楽しむ

11月8日号

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク