平塚版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

(PR)

社会福祉法人富士白苑の特別講座に多くの参加者 「コグニサイズ」学び認知症予防

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena
決められた歩数の時だけ外側を踏む
決められた歩数の時だけ外側を踏む

 湘南地域で半世紀以上にわたり高齢者福祉に携わってきた、社会福祉法人富士白苑(初谷博保理事長)。同法人では、地域の社会福祉に対する貢献活動の一環として2月9日、平塚市の「平塚プレジール」で、特別企画認知症予防特別講座「認知症予防の講演とコグニサイズ」を開催。事前に申し込みのあった50人を超える参加者が、コグニサイズを体験した。

 コグニサイズとはコグニション(認知)とエクササイズ(運動)を組み合わせた造語で、運動することで体の健康を促すとともに脳の活動を活発にし、認知症を予防しようというプログラム。NHKなどでも紹介され、脚光を浴びている。

講義では認知症の現状を土井氏が解説

 この日は国立長寿医療研究センター予防老年学研究部健康増進研究室室長の土井剛彦氏が講師を務めた。午前中の講演会では土井氏が現在の認知症の現状について解説。土井氏は平成30年の調査で65歳以上の高齢者は全国で3510万人以上、認知症の人は527万人以上いると推測されると指摘。「地域の中で認知症対策に取り組むことは大変意義の大きいこと」と訴えた。

午後からは参加者がコグニサイズを体験

 午後からは実践編として、参加者がコグニサイズのプログラムの一部を体験した。「ラダー運動」というプログラムでは、床に貼られたはしご状のマス目を、決められた歩数の時だけはみ出して歩く運動。体験してみると案外難しく「3・4・7・8歩目は外で」というルールで歩き出し、途中で間違えてしまう参加者の姿も。

 また、ステップを上り下りしながら順番にしりとりや物の名前を言っていくものなど5つのプログラムを体験。途中で「あっ、間違えた」などと言いながらも参加者は皆笑顔で挑戦していた。

「自宅で介護を受けず、元気な暮らしを」

 社会福祉法人富士白苑が大切にしている考えは「高齢者が在宅でなるべく介護を受けずに元気で暮らせること。地域からそうした考えを発信し、地域のためになることを続けていきたい」と、同法人は話した。

「しりとり」しながらの運動
「しりとり」しながらの運動
お馴染みの「旗上げ」にも挑戦
お馴染みの「旗上げ」にも挑戦

社会福祉法人 富士白苑

神奈川県平塚市唐ケ原1番地

TEL:0463-61-1841

http://www.fujishiro-group.com/

平塚版のピックアップ(PR)最新6

コロナウイルスを通じて考える教育のあり方

T&M講座 第39講

コロナウイルスを通じて考える教育のあり方

個別指導塾・家庭教師T&M

7月9日号

60歳からの建替えセミナー

人生100年時代に安心できる住まいづくり 参加費無料

60歳からの建替えセミナー

7月18日 平塚MNビル8階

7月9日号

新時代に注目の収入アップ術

新時代に注目の収入アップ術

「ホワイト急便」取次店オーナーという選択肢

7月2日号

星槎で充実の高校生活

進学・転編入

星槎で充実の高校生活

全国一斉オープンキャンパス

7月2日号

月々1万円(税抜)で新車に乗れる

車検代も税金もメンテナンス料も全て込み!

月々1万円(税抜)で新車に乗れる

小野モーター商会「オニキス フラット7」

7月2日号

「ひらつか元気応援ポイント」

福祉活動で得たポイントを交付金や商品と交換

「ひらつか元気応援ポイント」

次回説明会は7月10日 参加者募集

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク