平塚版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

1冊まるごとベルマーレ サポーターが雑誌創刊

スポーツ

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena
創刊号の表紙
創刊号の表紙

 サッカーJ1・湘南ベルマーレのサポーターによる、サポーターのためのベルマーレ公認マガジン『ベルマガ』が誕生した。2021シーズン開幕にあわせ2月26日に創刊号が発行された。

 雑誌編集者の有坂玲さん(44)、フリー編集者の中村僚さん(30)、ゲームメーカー営業の浜地隆史(42)さんが主な編集メンバー。フリーライターの杉崎智一さん(42)も参加した。

 「ルヴァンカップで初優勝した時も特集してくれなかった」。ベルマーレはメディアの登場が少なく不満に思うサポーターも多い。「だったら俺らサポーターたちでつくってしまえば」。2020年初頭、創刊に向け走り始めた。

 クラブ側が主導して雑誌を発行することはあるが、個人の集まりが雑誌を作るのは珍しいことだという。だからこそこだわったのが「サポーター目線」だ。

 見開きを使った対談記事は、馬場賢治選手の引退インタビューなど13本を掲載。サポーターが撮影した写真や観戦記なども盛り込んだ。

 「サッカー専門誌だと遠慮して聞けないようなことも、サポーターの立場だから聞けているかも」と編集長を務めた有坂さんは話す。

 ベルマガ創刊号はA4判オールカラー40ページ、1100円。初版は3000部発行し、購入特典として1冊につき1枚トレーディングカード付(全6種+シークレット6種)。27日のホーム開幕戦でレモンガススタジアムで販売したほか、市内サクラ書店(ラスカ平塚店、高村店)や通販でも取り扱っている。

編集に携わったメンバー
編集に携わったメンバー
1冊購入でランダムに1枚付くトレーディングカード
1冊購入でランダムに1枚付くトレーディングカード

平塚版のローカルニュース最新6

今季最後の平塚シリーズ

今季最後の平塚シリーズ スポーツ

Bリーグ 横浜ビーコル

4月15日号

クーカ視点で日常彩る

クーカ視点で日常彩る 文化

23日まで展示

4月15日号

ペッパー活用の新教材制作

神奈川県

ペッパー活用の新教材制作 社会

小学生の思いやる心を醸成

4月15日号

三十三観音が一堂に

三十三観音が一堂に 文化

上吉沢 妙覚寺

4月15日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

4月15日号

姿勢改善で健康に

健康講座

姿勢改善で健康に 文化

4月21日 商工会議所内で

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter