平塚版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

(PR)

看護週間特別企画2022 誇れる仕事 夢ある未来 ―看護師・看護学生にインタビュー―

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
稲村  ほづみさん
稲村 ほづみさん

 近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日に制定された「看護の日」。

 12日を含む週の日曜日から土曜日までが「看護週間」です。2022年の看護週間は5/8(日)〜14(土)です。

人の人生に寄り添う仕事
平塚市民病院 副病院長兼看護部長
稲村 ほづみさん


 地域医療の中核を担う平塚市民病院。院内の看護師を束ねる看護部長にこの春就任した。稲村さんは「治療の高度化が進む現代では、看護師もまた一段階上がった力が必要となります。経験と技術に裏打ちされた知識と、瞬時に適切な対応ができる判断力。患者様のためにも看護師全体のチーム力を高めていかなければいけません」と力を込める。

 稲村さん自身、大学では経済学を専攻し、当初看護師になることは考えていなかったという。将来の職業について悩んでいたところ、知り合いに「やりがいがあって、未来のある仕事」として紹介されたのが"看護師"だった。26歳で平塚市民病院に入職すると、当時の看護師長に看護師としての理想像を見た。「通常、あまり現場に立つことのない立場であるのに、積極的に患者やスタッフから話を聞く。家族に配慮して訪問を避ける面会時にこそ病室を訪れ、家族からも患者の様子を聞いていた」。その後ろ姿を見て学び、今では職員たちに「"気付き"と、チームでの情報共有を大切に」と伝えている。

 2年前、新型コロナウイルスの流行が始まると、市民病院でも延べ500人を超える患者を受け入れてきた。感染防止対策のため、患者の家族でも面会が出来ない日々が続く。それでも会いたいという家族のため感染防護指導の上、手をにぎってもらうことしかできないことにほぞを噛んだという。しかしこの2年で、患者にできるだけ孤独感を感じさせないようにiPadで面会ができるよう設備を整え、院内にWi-Fiを導入した。「コロナ禍はもちろん大変なこと。でも悪いことばかりではない。挫折をプラスに変えていく気持ちが大事。これからも人の人生に寄り添う仕事ができれば」と前を向いた。

◆以下の画像をクリックかタップすると紙面PDFが開きます。

kango.jpg

平塚版のピックアップ(PR)最新6

安心・納得の査定に定評

全国1300店舗(※)の信頼と実績 

安心・納得の査定に定評

おたからや西八幡店

5月26日号

河野太郎氏・亀井善太郎氏日本・神奈川の未来語る

河野太郎氏・亀井善太郎氏日本・神奈川の未来語る

6月1日 厚木市文化会館

5月26日号

国家資格合格率100%

国家資格合格率100%

湘南ビューティーカレッジ

5月26日号

安心・納得の査定に定評

全国1300店舗(※)の信頼と実績 

安心・納得の査定に定評

おたからや西八幡店

5月19日号

メリー皮膚科平塚クリニック誕生

メリー皮膚科平塚クリニック誕生

山梨医院から名称を変更

5月19日号

カビと汚れを防ぐ浴室ドア

メーカー問わず 折戸&ドア両タイプOK

カビと汚れを防ぐ浴室ドア

5月19日号

ひらつか☆スターライトポイント

平塚市民限定20%プレミアム付き!締切間近!24日まで申し込み

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/sangyo/page33_00078.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月5日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

平塚版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook