小田原版 掲載号:2011年11月26日号

片浦小学校

来春の募集を開始

小規模特認校制度で児童数回復に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自然に囲まれる片浦小学校
自然に囲まれる片浦小学校

 児童数の減少が深刻な小田原市根府川の片浦小学校(高橋綾子校長・児童数55人)が平成24年4月から市内では初、県内でも2校目となる小規模特認校制度を実施する。学区に関係なく通学できるようになるため、児童数の回復や学校存続への方策として学校関係者や地域住民の期待は高い。12月1日(木)から4月入学、転入生の募集が始まる。

 通学区域以外の市内全域から通学が可能となる小規模特認校制度。少人数ならではのきめ細かな指導が特長だ。同校では片浦レモンの栽培など地元住民らと連携した農園活動や芸術家による図工の授業、市内唯一の金管バンドの強化など特色ある学校づくりが予定されている。

 今回の募集では1学年の児童数が15人と限られているため、在校生の人数を差し引いた1学年13人、2学年7人、3学年10人、4学年7人、5学年6人、6学年2人の募集を行う(募集人数を超えた場合は抽選)。応募資格は保護者及び児童が市内に居住、卒業までの間小規模特認校に通学するなどの条件があるほか、交通費は自己負担となる。

 また併設される放課後教室では、保護者の就労や病気など特定の理由がない場合でも1年生から6年生までの全学年に対応するという。高橋校長は「片浦小学校の魅力に触れてもらい、一緒に勉強できれば嬉しい」と話している。12月14日(水)の午後1時からは同校を会場に説明会・公開授業も行われる。事前予約不要。問合せは同校【電話】0465・29・0250まで。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

「70億円で整備は困難」

芸術文化創造センター

「70億円で整備は困難」

4月23日号

女子高生がプロツアーへ

ゴルフ

女子高生がプロツアーへ

4月23日号

東洋会から初の合格者

挙式は小田原城で

中学卒業まで拡大

小児医療費助成

中学卒業まで拡大

4月9日号

60年振り無投票の公算大

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク