小田原版 掲載号:2012年4月21日号

小田原柑橘倶楽部を選定

農水省「食と地域の『絆』づくり」の優良事例に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
加工用レモンを収穫する生産者
加工用レモンを収穫する生産者

 お歳暮みかんや片浦レモンサイダーの開発・販売を推進する小田原柑橘倶楽部(報徳仕法株式会社)が、農林水産省の平成23年度「食と地域の『絆』づくり」に選定。今月10日に野田佳彦総理臨席のもと、鹿野道彦農水相から選定証が授与された。

 小田原柑橘倶楽部は報徳二宮神社の草山明久宮司と、みかん農家の鈴木伸幸さんが発起人になり、平成22年に立ち上げられた。二宮尊徳の報徳仕法に則り、ヒト、モノ、カネが地域に循環する仕組みづくりを目指す。お歳暮みかんや片浦レモンサイダーは安定した価格で柑橘類を流通させるために開発された商品で、高齢化する農家の収益確保を支援。現在、第4期の片浦レモンサイダーを販売している。最終的には栽培に携わる人々の自助力で栽培から収穫、販売までできる仕組みづくりをサポートする。

 この仕組みづくりが「食と農林漁業の活力を再生するため、地域内外の結びつきによる創意工夫にあふれた先駆的な優良事例」として選定。全国102の応募の中から24の事例が選ばれており、県内では小田原柑橘倶楽部のみとなっている。「選定を励みに、今後も一歩一歩着実に仕組みづくりを進めていきたい」と、鈴木さんは話している。
 

小田原柑橘倶楽部のお歳暮みかん(左)と片浦レモンサイダー(右)
小田原柑橘倶楽部のお歳暮みかん(左)と片浦レモンサイダー(右)

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク