小田原版 掲載号:2012年8月25日号

ユアサ跡にアマゾンFC 経済

2013年中の開業を予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
握手を交わすハヤシダ代表取締役(左)と加藤市長
握手を交わすハヤシダ代表取締役(左)と加藤市長

 インターネット通販の大手「アマゾン」の物流サービスを担うアマゾンジャパン・ロジスティクス株式会社は7日、小田原市と合同の記者会見で市内扇町のユアサ小田原事業所跡地に物流センターを開業することを発表した。現在、建設中で開業は2013年中。この日、同社と小田原市は進出に関する協定を結んだ。

 開業が発表された仮称アマゾン小田原FC(フルフィルメントセンター)は、5層構造で述べ床面積は約6万坪規模。同社のFCでは国内最大規模で12カ所目のセンターとなる。1000人規模の雇用を予定しているという。

 アマゾンジャパン・ロジスティクス株式会社のジェフ・ハヤシダ代表取締役社長は小田原に開業する理由を「東と西のクロスロードとして利便性が高い。また湘南は優秀な方がいるエリア。そういう人材を雇用したいし、能力を活かせる職場を提供したい」と話した。

 ハヤシダ氏は東京オリンピック当時に日本に住んでいたことがあり、西湘バイパスそばの海でバーベキューをした昔話も披露。思い出の場所で事業ができて嬉しいと語った。

 加藤憲一市長は「大手事業の閉鎖が相次ぐなか、同社の進出は小田原市民全員にとって非常によろこばしいこと。まちづくりにおいて波及効果を大いに期待したい」と同社の進出を歓迎した。

 また、市と同社は協定を締結。市は交通安全対策などに協力し、同社は地域に雇用を創出することなどを約束した。
 

アマゾン小田原FC(仮称)の完成イメージ
アマゾン小田原FC(仮称)の完成イメージ

【PR】タウンニュース政治の村

神奈川県内および東京都町田市の全政治家(首長、市町村議会議員、県議会議員、都議会議員、衆議院議員、参議院議員)約1,000人のデータが検索できます。

http://seijinomura.townnews.co.jp/

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク