小田原版 掲載号:2014年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

被災地レポート【1】 続く相馬との絆 施設建立に木材提供

社会

報徳の森プロジェクトが寄贈した檜を使ったデッキで、相馬と小田原両市民が記念撮影
報徳の森プロジェクトが寄贈した檜を使ったデッキで、相馬と小田原両市民が記念撮影
 東日本大震災後、福島県相馬市・南相馬市との縁が続く小田原市。被災地支援と林業再生に取組む「報徳の森プロジェクト(高木大輔会長)」の支援で完成したコミュニティ施設が、このほど相馬市内にオープン。12月6日、記念式典が行われた。

 報徳の森プロジェクトは、長さ4mの丸太20本相当の小田原産檜を寄付。檜は被災地のコミュニティ復興を願い建てられた、「アムウェイハウス相馬さとばたけ報徳センター」のデッキに使用された。

 式典に先立ち、施設を運営する、(一社)相馬報徳社の渡辺一成理事長は「津波被害、原発事故と、未曽有の状況により故郷に戻れない人がたくさんいるなか、子どもを中心にしたコミュニティ再生のための、活動拠点ができた。遠く小田原からの支援に感謝しています」とあいさつ。高木会長は「支援から始まった事業だが、我々にとっても新しい歩みの始まり。今後とも分度と推譲の心を持って取組み、相馬とつながっていきたい」と続けた。

 施設の前庭には、プロジェクトのメンバーらが、曽我で育った紅白の梅をはじめ、高さ5mのモミや柊(ひいらぎ)などを植樹。3本のしゃくなげは、春を待ちわびるように、すでに蕾をつけていた。

 今回は、昨年暮れに相馬市へ寄贈した木製ポストのメンテナンスも行った。1年ぶりにポストに対面した、川瀬潤(ゆたか)さん=写真左=と加藤大(まさる)さん=同右=は、寄贈を企画した小田原市東西郵便局長会の一員。製作した(株)ラ・ルースの相田秀和さんから託された天然オイルで、約20分かけ木肌を何度も磨いた。

 受け口の問題や鍵の変更で、運用まで1年以上を要したポスト。来年1月14日から実用化されることが決まり、川瀬さんと加藤さんは次々に感慨深さを口にした。

暑中お見舞い申し上げます

NPO法人子どもと生活文化協会

8・19(日)映画「世界でいちばん美しい村」上映会@生涯学習センターけやき

http://www.clca.jp/

新名学園旭丘高等学校

地域立・市民立の私学 2019年度生徒募集…8/25(土)学校説明会 

http://www.niina-gakuen.jp/

mamashug

「100の言葉よりhug」をモットーにふれあいの輪を広げています。

http://www.mamashug.net/

住まいの事ならハマーホーム㈱

海・山・歴史 一緒に暮らそう小田原で!! 家づくりの夢をお聞かせください

http://www.hama-home-kanagawa.com/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

地域密着の測量・設計 秋山設計

建築・開発設計・測量を一手に担う技術者集団です。土地家屋調査士事務所併設

http://www.akiyamasekkei.jp/

スーパー「小田原百貨店」

あたなの街のパントリー!良品廉価で食卓に安心安全を。最新チラシWEBで配信中

http://www.odawara100.com/

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは県内で平塚・茅ヶ崎・小田原で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

灼熱の伊勢で最終決戦

北条五代、全てを知る

186チームの熱戦 閉幕告げる

見つかるのはガンダム?

あした浜辺を さまよえば…

見つかるのはガンダム?

7月28日号

スペア量産で狙うトップ20

ボウリング

スペア量産で狙うトップ20

7月28日号

親子鷹で挑む頂

親子鷹で挑む頂

7月28日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猛暑で割引

猛暑で割引

小田原城

7月20日~8月31日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク