小田原版 掲載号:2015年5月2日号
  • googleplus
  • LINE

語り継ぐ戦争の記憶 ―シリーズ 終戦70年【10】―

社会

 終戦70年を迎える今年、小田原に残る戦争の記憶を、人・もの・場所を介してシリーズで綴る。第10回はひっそりと佇むプロペラ型の碑(市内沼代98付近)。旧日本軍の上原重雄中佐の壮絶な戦死を記している。

 1945(昭和20)年2月17日、愛川町の第22航空戦隊長として上原中佐が着任して間もなくのこと。相模湾沖に進行した米軍航空母艦から発進した戦闘機600機が関東を襲った。米軍は本土の目標に超低空からの集団攻撃をしてきた。

 翌日の午前10時頃、南下してきた大編隊の群れが、上空を我が物顔で米軍機が飛び交っていた。その日は、上原中佐らの部隊は朝鮮平壌への移駐が決まり、軍からは迎撃中止が命じられていた。しかし上原中佐は敵機の振る舞いに祖国の行く末を案じてか、部下隊員らを格納庫になだめおき、独り大空へと飛び立っていった。

 大群の中への単機特攻。不運にも被弾し、機は相模湾上空で反転。飛行場への帰還に向かったが、後続隊との挟み撃ちに遭い上空で炎に包まれた。碑には、中佐の最後について『天蓋から身を乗り出して北方の皇居に両手を上げ決別。そのまま機とともに自爆し壮絶な戦死を遂げた』と記されている。当時を知る高齢者らは、映画さながらの壮絶な空中戦を「走って見に行った」と口々に話した。

 スマトラ島のパレンバン航空隊を拠点にニューギニア戦線まで遠征し活躍、B-17爆撃機を迎撃するなど「偉勲の戦士」とも称された上原中佐。碑は中佐の搭乗機「疾風」の残骸を陸軍が回収しに来た際に、「偉勲の戦士」の最後を見届けた農家の1人がプロペラを隠しておき、碑を作ったのだという。

 2011年、墜落現場が草で覆われていたことから、「みんながお参りできるように」と碑を作った農家の子どもの手により約2キロ離れた場所へ移設された碑。以来、上原中佐を偲んで献花に訪れる人が後を絶たない。

 現在遺影は福泉寺(沼代547)で保管されている。同寺の野田隆生住職は「数年前、娘だという女性が手を合わせに来られた。『その時』、お腹の中にいたのかもしれない。ほんの70年前にこんなことがあっただなんて」と言葉を詰まらせた。
 

享年28歳。上原中佐の遺影
享年28歳。上原中佐の遺影

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

暑中お見舞い申し上げます

NPO法人子どもと生活文化協会

8・19(日)映画「世界でいちばん美しい村」上映会@生涯学習センターけやき

http://www.clca.jp/

新名学園旭丘高等学校

地域立・市民立の私学 2019年度生徒募集…8/25(土)学校説明会 

http://www.niina-gakuen.jp/

mamashug

「100の言葉よりhug」をモットーにふれあいの輪を広げています。

http://www.mamashug.net/

住まいの事ならハマーホーム㈱

海・山・歴史 一緒に暮らそう小田原で!! 家づくりの夢をお聞かせください

http://www.hama-home-kanagawa.com/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

地域密着の測量・設計 秋山設計

建築・開発設計・測量を一手に担う技術者集団です。土地家屋調査士事務所併設

http://www.akiyamasekkei.jp/

スーパー「小田原百貨店」

あたなの街のパントリー!良品廉価で食卓に安心安全を。最新チラシWEBで配信中

http://www.odawara100.com/

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは県内で平塚・茅ヶ崎・小田原で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

<PR>

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

猛暑で割引

猛暑で割引

小田原城

7月20日~8月31日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク