語り継ぐ戦争の記憶 ―シリーズ 終戦70年㊲―

社会

掲載号:2015年11月7日号

  • LINE
  • hatena
守屋 隆男さん(83)1932年生まれ 市内久野在住
守屋 隆男さん(83)1932年生まれ 市内久野在住

 終戦70年を迎えた今年、小田原に残る戦争の記憶を、人・もの・場所を介してシリーズで綴る。第37回は、食料確保に奔走した守屋隆男さん。

 畳屋を営んでいた実家は、ものを買うための収入はあった。しかし、戦時中は肝心の食料が手に入らず、苦しんだ時代だった。「とにかくさつまいもをよく食べた。今考えればうそみたい」。当時を振り返り、苦笑を浮かべた。

 太平洋戦争直前の1941年に米の配給制が始まり、消費量が制限。その量も徐々に削減され、1日1人あたり2合ちょっと。44年ごろには、ついに配給自体が終了。守屋少年が新玉国民学校(現・新玉小)6年のときだった。食料不足を補うため、学校の校庭では面積の半分を使ってさつまいもを植えた。

 母は農家に足を運び、着物や帯と農作物を交換してもらった。米に変えてもらえることはほとんどなく、さつまいもか、よくて他の野菜。「それぞれが生き延びるのに必死。親しくしていた農家でさえ、米は譲ってもらえなかった」という。食卓にのぼるさつまいもごはんも、米粒がほとんど見えないほどだった。

 食料を求め、母と電車で函南(静岡県)にも出かけた。見ず知らずの農家を訪ね、米や野菜を購入。小さな体に背負うリュックいっぱいにつめこんだ。米は細長い袋に入れて腰に巻きつけ、上着で隠した。そこまでしなければならなかったのは、函南駅前で統制品を取り締まる警官がいたから。駅近くの山から様子を伺い、警官がいなくなるのを見計らって改札を抜けた。「それでも3回に1回ぐらいは捕まった。没収ですよ。お金を捨てたようなもの」

 家業の商材であるゴザ20枚を麦1俵と物々交換するため、南足柄までリアカーを引いたことも。「小学生が1人で来たのを見てか、麦が米に化けた」と歓喜に沸いた。終戦の年には中学生となり、久野での陣地構築にも加わった。食料はさらにひっ迫。イタドリ、ハコベ、オンバコ、セリ。野草を持ち帰り、茹でて口にした。

 戦後、守屋さんは体に湿疹ができた。栄養失調。箱根の温泉に1年通い、完治した。「いろいろなものを食べてきてよく生きているなぁ」と話しつつ、思うことがある。「あの時代を生きたからこそ、ものを大事にしなければ」と。

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メダカの里親募集

メダカの里親募集 文化

27日 締め切り

5月21日号

小学生が茶摘み体験

小学生が茶摘み体験 教育

湯河原町の3校140人

5月21日号

8年ぶり県制覇で関東へ

旭丘高相撲部

8年ぶり県制覇で関東へ スポーツ

個人戦は3階級で優勝

5月21日号

時計の下に集合

時計の下に集合 経済

松風LCが35周年で寄贈

5月21日号

みんなでドンドコ祭り

みんなでドンドコ祭り 社会

5月29日 ブレンドパークで

5月21日号

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 文化

レアリア内特設ページで

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook