小田原で紡ぐ手芸の輪 カナリア刺繍とタピボン

文化

掲載号:2016年4月16日号

  • LINE
  • hatena
上)徳留さんの手元に見入る生徒。下)マーガレットやうずまきの模様が可愛らしい
上)徳留さんの手元に見入る生徒。下)マーガレットやうずまきの模様が可愛らしい

 城山で「カナリア刺繍教室MyFの会」を主宰する徳留文穂さんは、11人の生徒のために月2回、千葉から通う。夫の仕事で訪れたスペインのカナリア諸島で出会った刺繍。現地の女性たちが手と口で伝えてきた繊細な手仕事に魅かれた。

 使うのは白い麻布に木綿糸、専用の木枠。布の繊維を格子状に引き抜き、空いた穴を糸でかがる、独特の技法だ。コンチャ(貝)やモリーノ(風車)などステッチは無数にあり、額やコースター、ティッシュケース等が作れる。

 5年前、ギャラリー城山で徳留さんの作品を見た陣野喜代子さん(早川)が熱望し、3人で始まった小田原での教室。「針を持ったら無心になれる。刺している過程が楽しい」と陣野さん。1回3時間の教室は生徒同士の情報交換の場にもなっており、和やかな雰囲気だ。問合せは徳留さん【携帯電話】080・6734・5481へ。

タピボンは小田原発祥

 不思議な響きの「タピボン」は小田原発祥の手芸。「タピストリー(壁掛け)」とフランス語で”良い”を意味する「ボン」を合わせた造語だ。

 創始者の山岸永枝(ひさえ)さんを祖母に、二代目の三江子さんを伯母に持つ原田万里子さん(城山)曰く「道具と毛糸と生地さえあれば、誰でも楽しめる」。長さ10cmほど、天地を貫く穴のあいた専用の針に毛糸を通し、一定の間隔で生地を刺す。特許取得済みの針を使うと、毛糸は表面にループ状で出る。ループを切ると毛糸の柔らかな手触りがうまれ、そのままだと硬さが楽しめる。動作は単純だが、針の動かし方や刺す方向などに、ちょっとしたコツがあるという。

 永枝さんと三江子さんに指導を受けた齋藤良子さん(東町)は17人の生徒とともに、飛鳥画廊で9回目となる作品展を開催中だ。出会いから47年経ってもなお飽くなき創作意欲。その魅力を「糸は生きているから面白い」と語る。

 作品展は来週18日(月)までの午前10時〜午後5時(最終日は4時まで)で観覧無料。壁掛けやコースターなど約70点の作品は一部購入可。(問)斎藤さん【携帯電話】080・1135・2824

 「カナリア刺繍」と「タピボン」。初めて聞くその名前に、手芸好きの血が騒いだ。市内の2つの手芸教室を取材した。

スリッパやマットなど実用性に富むタピボン
スリッパやマットなど実用性に富むタピボン

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

伊豆山を継続支援

小田原白梅ライオンズ

伊豆山を継続支援 社会

約30万円を現地に送金

9月18日号

風魔忍者を募集中

小田原市観光協会

風魔忍者を募集中 文化

殺陣習得でショー出演

9月18日号

古典芸能で幕開け

小田原三の丸ホール

古典芸能で幕開け 文化

文化・芸術 創造の拠点に

9月18日号

小田原市がスマホ教室

小田原市がスマホ教室 社会

携帯販売事業者4社と協定

9月18日号

防犯、青少年育成などの力に

防犯、青少年育成などの力に 社会

小田原遊技場組合が寄付

9月18日号

もしかして摂食障害?

当事者・支援者・家族向けセミナー

もしかして摂食障害? 社会

10月9日 UMECO

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook