小田原版 掲載号:2016年4月23日号
  • googleplus
  • LINE

二宮神社鳥居御用材 ひとまずお別れ 製材のため名古屋へ

文化

来秋掛け替え予定の鳥居をくぐり、製材へ出発
来秋掛け替え予定の鳥居をくぐり、製材へ出発
 木やりが響き、100人以上の手締めに見送られ、トレーラーに積まれた4本の木材がゆっくりと鳥居をくぐった―。

 報徳二宮神社で4月15日、春の例大祭が行われ、創建120周年記念事業の一つとして新設する、神社表参道鳥居の御用材の披露目が行われた。

 材は昨年12月から今年3月まで4回にわたり、市内久野の辻村山林で伐採された、樹齢300年ほどの杉。鳥居上部の笠木に使われる杉は直径1m超、重さ4・2トンで、御用材を4本合わせると約15トンにもなる。

 御用材は25トントレーラーに積まれた状態で、神社の駐車場に展示。例大祭終了後、御祓いを受け、一次製材のため、愛知県弥富市に向かって出発した。国内最大級の製材機を持つ(株)ヤトミ製材で面を落とし、角材の状態になって小田原へ戻って来る。

 同神社では2015年4月、伊勢神宮から譲り受けた古材で城址口に鳥居を建立。小田原の木や神社の歴史を広く伝えようと、市民の参加を募り「みんなの鳥居プロジェクト」を発足し、鉋削り体験などのワークショップを開催してきた。

 表参道鳥居は17年秋の完成予定で、同神社では今回も市民が木に触れる企画を行う。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

安藤ニキさんが絵画展

安藤ニキさんが絵画展

清閑亭で24日から

1月24日~2月5日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク