1100人を食で応援 相日防災が社員を派遣

社会

掲載号:2016年5月28日号

  • LINE
  • hatena
『まかないくん』を囲む(左から)川口さん、小松さん、星さん
『まかないくん』を囲む(左から)川口さん、小松さん、星さん

 防災事業などを展開する相日防災(株)(市内羽根尾/黒澤麻志代表取締役社長)の社員が4月22日から5月2日までの11日間、益城町内で炊き出しや食料配布の手伝いを行った。

 地震発生の翌日から支援に向け動き出した同社は、現地で何が不足し、何を必要としているかなどの情報収集に奔走。一週間の準備期間を経て、9人の社員を3人一組のグループに分け、交代制で派遣した。

 第一陣として避難所の益城町総合体育館に向かったのは、川口聖人さん(54)、小松正幸さん(36)、星純人(まこと)さん(26)の3人。一度に約500人分の炊き出しが可能な同社の商品『まかないくん』と豚汁の食材、トイレ用の消臭剤、「甘い食べ物」という被災地の要望に応じてフルーツ缶を用意。車に載せ、1日半をかけ現地に入った。

 「避難所にいるすべての人に平等に行き渡るように」という、受入れ側の意向もあり、食材は1100人分。いつ発生するかわからない余震に不安を抱えながらも、到着早々5時間かけて豚汁をつくった。川口さんは、「『遠方からわざわざありがとう』、『おいしかった』と、辛いはずの方々が気丈に振る舞ってくれていたことが印象的だった」と振り返る。また、「トイレの悪臭問題など、支援を通じ感じたことを『防災』に携わる企業として今後、役立てていきたい」と語った。

ボランティアの人たちと炊き出しの準備
ボランティアの人たちと炊き出しの準備

瀬戸建設 SDGs宣言

住み続けたくなるまちづくりに貢献するため、SDGsの達成に尽力します。

http://www.setoken.co.jp

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

初戦制しシーズンに弾み

ベルマーレフットサル

初戦制しシーズンに弾み スポーツ

12日はホーム開幕マッチ

6月12日号

医療機関が市民に連絡

ワクチンキャンセル分

医療機関が市民に連絡 社会

6月12日号

小田原市に100万円を寄付

ソロプチミスト小田原

小田原市に100万円を寄付 社会

奉仕の精神50年

6月12日号

小田原を知る まち歩き

6月27日 SDGs体感事業

小田原を知る まち歩き 社会

アプリ「まちのコイン」利用

6月12日号

小田原城アートナウ開催中

城下町の芸術展

小田原城アートナウ開催中 文化

6月12日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月12日号

あっとほーむデスク

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter