実現した長年の願い

社会

掲載号:2016年6月4日号

  • LINE
  • hatena
長崎で被爆した大西さん
長崎で被爆した大西さん

 アメリカのバラク・オバマ大統領が5月27日、被爆地・広島を訪問した。現職の大統領として初めての出来事について、市内の被爆者たちはどう見つめたのか。話を聞いた。

 「アメリカの大統領に被爆地へ来てもらうのは長年の願い。やっと実現した」

 小田原市原爆被災者の会で会長を務める大西国夫さん(市内栢山在住・80)は、小学生の頃に長崎市で被爆。自宅が半壊したものの、家族は全員無事だった。

 しかし、苦難を感じたのはむしろその後の人生の方。「後遺症はないか」「遺伝はしないか」と、就職や結婚、子どもの誕生など、人生の節目を迎える度に体の隅に放射能が潜んでいるのではないかとの不安に苛まれた。「目に見えないものに追いかけられている感じ。被爆から何年経っても、いつその影響がでるか分からない」と、身を以て知った恐怖を語る。

 だが、世界で核保有国が増えている現実に、「広島や長崎の経験が生かされていない」と嘆き、「核をこれ以上広げないため、国の代表者に見て感じてもらうのは一番大切なこと」と今回の訪問を評価していた。

※     ※

 同副会長の柴田實智子(みちこ)さん(市内久野在住・74)は広島市出身。爆心地から東へ3・5Kmの地点に住んでいた。「その瞬間は近所の親戚の家にいて、食卓の茶碗が爆風で吹き飛んだけれど怪我はなかった」。だが、同居していた従姉は通勤中に広島駅で被爆。一命を取り留めたが、咄嗟に顔を覆った腕にはブラウスのレース模様が焼きついた。それ程強烈な熱線だった。

 そのブラウスが保管されているという原爆資料館を、今回オバマ大統領が訪問した。「戦争の悲惨さを肌身で感じてもらえる場所。ここで得た感想を世界に伝え、大統領を退いても核廃絶に向けて頑張ってほしい」と期待を込めた。

広島で被爆した柴田さん
広島で被爆した柴田さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook