ダイナシティ内の「西武」撤退 新店誘致し営業は継続

経済

掲載号:2017年9月2日号

  • LINE
  • hatena
1・2階に売場を設ける西武
1・2階に売場を設ける西武

 市内中里のダイナシティに入居する西武小田原店が8月25日、来年2月末で撤退することを発表した。商業施設を運営する(株)ダイナシティは、ウエストモールの3割ほどを占める西武の売場に新たなテナントを誘致し、営業を継続していく。

 西武小田原店は、2000年にロビンソン百貨店としてウエスト内に開店し、04年2月期には売上162億円を記録。09年には(株)そごう・西武に統合し、13年に屋号を西武小田原店に変更した。昨年3月には、売場面積を半分以下に縮小し再生を図ったが、「営業不振に歯止めがかからなかった」と説明。今年2月期の売上は74億円まで減少していた。(株)ダイナシティの大嶌啓介社長は「地方百貨店の厳しさは以前より強く感じていた。営業を続けながらなるべく早い時期に区画を埋めて、オープンさせていきたい」と話した。

 イトーヨーカドーが入るイーストモールやTOHOシネマズなどのウォークは変わらない。

ウエスト3割が衣替え 再契約で残る店舗も

 ウエストモール内に入居する西武小田原店の売場は、食品館や化粧品などで1階フロアの半分、2階は婦人服などで3分の1ほど。撤退後、ダイナシティは食品館にイトーヨーカドーと差別化した店舗を誘致したい考えだ。他の売場に関しては、アパレルや美容、ジュエリー関係のショップが想定される。

 ただ、西武小田原店内で現在営業する店舗の一部は、ダイナシティと契約を結び直して出店を継続する可能性もある。大嶌社長は「地域のインフラとしてあり続けたい」と早期リニューアルを目指す。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

3年ぶり武者パレードも

5月3日

3年ぶり武者パレードも 社会

「北條五代 歴史と文化の祝典」

4月30日号

『みかんの花〜』で出発進行

JR国府津駅

『みかんの花〜』で出発進行 文化

発車メロ、5月2日変更

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook