ダイナシティ内の「西武」撤退 新店誘致し営業は継続

経済

掲載号:2017年9月2日号

  • LINE
  • hatena
1・2階に売場を設ける西武
1・2階に売場を設ける西武

 市内中里のダイナシティに入居する西武小田原店が8月25日、来年2月末で撤退することを発表した。商業施設を運営する(株)ダイナシティは、ウエストモールの3割ほどを占める西武の売場に新たなテナントを誘致し、営業を継続していく。

 西武小田原店は、2000年にロビンソン百貨店としてウエスト内に開店し、04年2月期には売上162億円を記録。09年には(株)そごう・西武に統合し、13年に屋号を西武小田原店に変更した。昨年3月には、売場面積を半分以下に縮小し再生を図ったが、「営業不振に歯止めがかからなかった」と説明。今年2月期の売上は74億円まで減少していた。(株)ダイナシティの大嶌啓介社長は「地方百貨店の厳しさは以前より強く感じていた。営業を続けながらなるべく早い時期に区画を埋めて、オープンさせていきたい」と話した。

 イトーヨーカドーが入るイーストモールやTOHOシネマズなどのウォークは変わらない。

ウエスト3割が衣替え 再契約で残る店舗も

 ウエストモール内に入居する西武小田原店の売場は、食品館や化粧品などで1階フロアの半分、2階は婦人服などで3分の1ほど。撤退後、ダイナシティは食品館にイトーヨーカドーと差別化した店舗を誘致したい考えだ。他の売場に関しては、アパレルや美容、ジュエリー関係のショップが想定される。

 ただ、西武小田原店内で現在営業する店舗の一部は、ダイナシティと契約を結び直して出店を継続する可能性もある。大嶌社長は「地域のインフラとしてあり続けたい」と早期リニューアルを目指す。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

6月分散登校で再開

小・中学校

6月分散登校で再開 教育

夏休み短縮も

5月30日号

「里帰り」へ支援呼び掛け

チンチン電車保存会

「里帰り」へ支援呼び掛け 社会

コロナで活動も足踏み

5月30日号

守屋氏が接戦制す

小田原市長選

守屋氏が接戦制す 政治

544票差で加藤氏及ばず

5月23日号

豊漁の季節間近に

小田原産シラス

豊漁の季節間近に 経済

市内唯一の漁船が奮闘中

5月23日号

例年の1割以下

箱根町GW観光客

例年の1割以下 経済

ホテル、観光施設など休業

5月16日号

ドライブスルーで「魚食」

港周辺飲食店

ドライブスルーで「魚食」 経済

新需要掘り起こしに一策

5月16日号

(株)三和消毒

巷が緊急事態宣言発令中でもシロアリはやってくる

http://www.sanwa-tpc.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月30日号

お問い合わせ

外部リンク