小田原版 掲載号:2018年2月3日号
  • googleplus
  • LINE

お堀も滝も凍る 小田原で氷点下5・6度

社会

凍った小田原城址公園のお堀(上)と夕日の滝、ともに26日撮影
凍った小田原城址公園のお堀(上)と夕日の滝、ともに26日撮影
 前線を伴った低気圧の影響で1月22日から23日未明にかけ、4年ぶりの大雪に見舞われた県内各地。24日以降は非常に強い寒気が流れ込み、気温の低い日が続いた。小田原市では26日、小田原城址公園のお堀の水が凍った。27日には観測史上6位となるマイナス5・6度の低気温を記録した。これまでの最低気温は1984年のマイナス8度。

夕日の滝は銀世界に

 南足柄市の観光名所・夕日の滝(落差23m・幅5m)では滝が凍り、観光客の目を楽しませている。

 雪は溶けずに残り、今も銀世界が広がる(31日現在)。雪景色と凍てつく寒さに包まれる滝つぼの前は、絶好の撮影スポットに。26日、中井町から訪れた男性は「このところの寒さで『ひょっとしたら凍っているかも』と思い、来た。それにしても寒い」と話した。

 横浜地方気象台は30日、「長期間の低温に関する神奈川県気象情報第1号」を発表。24日から29日までの平均気温(度)が平年を3度前後下回ったと報告した。2月中旬頃までは寒気の影響で、気温の低い状態が続く見込みだ。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

南足柄で街コン

参加者募集

南足柄で街コン

3月3日(土)ezBBQcountryで

3月3日~3月3日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク