小田原版 掲載号:2018年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

「いつかK-1王者に」 鈴木太尊君 バンタム級で優勝

スポーツ

優勝を喜ぶ鈴木君(中央)、飯山真代表(左)、ムエタイトレーナーのナンプーさん(右)(谷山ジム提供)
優勝を喜ぶ鈴木君(中央)、飯山真代表(左)、ムエタイトレーナーのナンプーさん(右)(谷山ジム提供)
 キックボクシングの「第20回J-NETWORKアマチュア全日本選手権大会〜春の陣〜」が3月18日、ゴールドジムサウス東京アネックス(東京都大田区)で開催され、谷山ジム小田原道場の鈴木太尊君(湯河原中3年)が、一般も参戦したAリーグトーナメントバンタム級で優勝した。

 「恐怖心はありました」。そう話すのは、今大会で初めて脱いだヘッドギア。それでも初戦、開始1分で相手を見定め、体をあたためながら攻め、次へつなぐ余裕ぶり。2回戦は鈴木君の拳打がヒットし、ダウン寸前まで追い詰めた。終盤はラッシュで畳み掛けダウンこそ奪えなかったが攻勢は判定で返ってきた。決勝も終始攻め続け、試合前の恐怖心はすでに克服し、ガードもしながらかわして返す。対戦相手は3戦すべて20歳超えだったが3歳から空手をはじめ、格闘技歴12年の実力者は決勝も押し切り、タイトルと確かな自信を手にした。しかしKO勝ちできなかったことで、「ダウンを奪う。パワーを付ける」という課題も見えた。

 4月からは高校生になり、K-1甲子園出場を目指す。さらに中学最後の試合を優勝で飾った鈴木君の口からは「いつかK-1でチャンピオンになりたい」という目標が出てきた。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク