小田原版 掲載号:2018年5月12日号
  • LINE
  • hatena

フラワーガーデン 異例の早さでバラ満開 きょう、あすがピーク

社会

イベント初日から満開となったバラ
イベント初日から満開となったバラ
 ソメイヨシノやフジなど全国各地から平年より早い開花の便りが届くなか、小田原フラワーガーデン(久野)ではバラが早くも満開を迎えた。同園スタッフらはあまりの開花の早さに驚きを隠せない。

 例年5月中旬に見頃となるバラ。今年は半月程早く、4月末にはほぼ満開となった。同園によると1995年の開園以来もっとも早く、3〜4月の高温や適度な雨が開花を早めた要因だという。

 5月8日に開幕したローズフェスタ初日は1100人以上が来場するなど賑わいを見せている。この日を狙って訪れたという市内の男性は「雨粒がより一層バラの美しさを際立たせる」とカメラを向けた。小雨がぱらつく季節外れの肌寒い空模様にも関わらず、平塚市から来た女性グループは「絵を描くので見本にする素材を撮るのに最適。初めて来た人もいるので美しい花が見られてうれしい」と微笑んでいた。

 会期中は150品種350本のバラが楽しめるほか、ローズソープやモイストポプリ作り(有料)、マリンバコンサートやバラ園ガイドツアー(無料)などのワークショップも開催される。イベントは6月3日(日)まで。同園スタッフは「遅咲きのバラと合わせてハナショウブやスイレンもお楽しみください」と呼びかけている。

 フラワーガーデンの開園時間は午前9時から午後5時、会期中は無休で入園、駐車場は無料。バスは小田原駅東口2番乗り場から「フラワーガーデン・諏訪の原公園行き」乗車。毎日10時30分と11時30分の便が増発されている。問い合わせは同園【電話】0465・34・2814へ。

小田原版のトップニュース最新6件

大村氏が立候補表明

次期県議選

大村氏が立候補表明

1月19日号

曽我クラブが全国制覇

青年バレーボール

曽我クラブが全国制覇

1月19日号

1903人が新たな門出

地場産木材で柵を製作

報徳の森プロジェクト

地場産木材で柵を製作

1月12日号

守屋県議が出馬の意向

2020年市長選

守屋県議が出馬の意向

1月5日号

スーパービバホームが出店

日立製作所跡地

スーパービバホームが出店

1月5日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク