今年のアユは期待大 酒匂川、早川で試釣り

社会

掲載号:2018年5月26日号

  • LINE
  • hatena
酒匂川で釣れた鮎
酒匂川で釣れた鮎

 6月1日の鮎釣り解禁に先立ち、酒匂川と早川で試し釣りが行われた。

■酒匂川

 上流から谷峨、狩川、川音川では5月16日に試し釣りが行われ、酒匂川漁業協同組合の組合員25人が参加した。友釣り、毛針釣りに加えて、狩川と川音川ではコロガシ釣りも行い、午前8時から3時間で282匹を釣り上げた。サイズは10〜12cm程のものが多かったが、解禁以降は20〜24cm位に成長するとみられる。

 同組合の篠本幸彦組合長は「例年より釣れた魚の数が多いので、絶対量が多い。5月15日時点で昨年の約2倍にあたる29万5千匹の遡上を計測しているので期待できる」と傾向を発表した。

■早川

 早川橋〜あじさい橋(箱根湯本)で5月17日午前10時から3時間の試し釣りが16人によって行われた。汲み上げを含む約15万匹の稚魚が成長し、最大18・3cmがあがり「量が非常に多く、サイズも大。天然のものが多い」。川のコンディションも「水が非常に多く条件は良い」。

県下初ルアー・フライ解禁

 また、早川では神奈川県下の漁協で初めて今年からルアー・フライ両方が許可され遊漁規則に明記された。目的は入漁者を増やし、カワウによる食害など減らすこと。さらに4〜5月の稚アユ保護のための禁漁期間を撤廃したことで、人が川に入りカワウ対策になったことも成長に功を奏した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook