小田原版 掲載号:2018年6月9日号
  • googleplus
  • LINE

ラグビーW杯 豪代表の事前合宿地に 城山競技場、ヒルトンを利用

スポーツ

城山陸上競技場で豪代表関係者を歓迎したラグビースクールの子どもたち(3月)=小田原市提供
城山陸上競技場で豪代表関係者を歓迎したラグビースクールの子どもたち(3月)=小田原市提供
 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場するオーストラリア代表チームが、事前合宿を小田原市で行う見通しであることがわかった。市が、5月28日の定例記者会見で明らかにした。

 豪代表は、W杯で過去2回の優勝を誇る屈指の強豪チームだ。

 市では県西地域をラグビーで盛り上げようと、2016年に官民による小田原市ラグビー準備委員会を設立。委員会では19年大会に向け出場する代表チームの事前キャンプの誘致を計画。ラグビー強豪国であることに加え、同国ノーザンビーチ市と友好都市として交流が続いていることもあり、豪代表に狙いを定め誘致活動を行ってきた。

 18年3月には豪代表関係者が、国内候補地のひとつとして小田原を視察。加藤市長が小田原駅まで出迎え、グラウンドがある城山陸上競技場では小田原ラグビースクールの子どもたちが旗を振って歓迎した。関係者は根府川のヒルトン小田原に出向き宿泊環境やトレーニング施設、アクティビティなども視察した。

 豪代表側から「小田原で事前キャンプを行いたい」という意向がメールで届いたのは5月14日。この吉報に、小田原市ラグビー誘致委員会(準備委員会から4月に名称変更)会長の高橋敦朗さん(小田原ラグビーフットボール協会会長)は、「小田原でのラグビー普及に何らかのかたちでつながると思う。また、世界のラグビーファンに小田原の名前を知ってもらうきっかけにもなる」と期待を述べた。

 豪代表側から、競技場のラグビーポール付近に芝生がなく、安全面を考慮して芝生がある場所にポールを設置するよう要望が寄せられている。これを受けて市では、市議会6月定例会にラグビーポール基礎増設の工事請負費750万円の補正予算案を提出。「議決が通り次第、できるだけ早く事前キャンプ地の協定に調印したい」としている。

 計画では豪代表は、今年10月下旬からの7日間と、19年9月の大会開幕前の滞在を予定。また豪ラグビー協会から、20年東京オリンピック・パラリンピック種目の7人制ラグビー代表の合宿地として使用する考えも示されているという。

小田原版のトップニュース最新6件

議員定数など検討

小田原市議会

議員定数など検討

6月16日号

風魔忍者の観光拠点誕生へ

再開発へ向け前進

栄町一丁目計画

再開発へ向け前進

6月9日号

鈴木陽笑さんがMVP

女子サッカー国際大会

鈴木陽笑さんがMVP

6月2日号

高齢者就業促進を支援

市議会6月定例会

高齢者就業促進を支援

6月2日号

「箱根八里」が日本遺産に

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

外国人へ日本語指導

外国人へ日本語指導

ボランティア養成講座開催

7月1日~7月22日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月16日号

お問い合わせ

外部リンク