大井町ビオトピア 「未病」拠点の出足好調 2カ月で年間見込み超えも

社会

掲載号:2018年7月6日号

  • LINE
  • hatena
15種類の体験ができるme―byoエクスプラザ
15種類の体験ができるme―byoエクスプラザ

 大井町に4月28日にオープンした「未病バレー・ビオトピア」の来場者数が好調に推移している。県の体験型施設「me―byoエクスプラザ」では、2カ月で年間来場者数の見込みを早くも超えた。

 ビオトピアは、県西地域2市8町の地域資源を活かした未病改善拠点に位置付けられている。南北約3Km・約60ヘクタールの敷地には、地元の食材を中心に使ったレストランや県西地域の特産品を扱う「マルシェ」、豊かな木々の中を歩く遊歩道「森のみち」などがある。

 「me―byoエクスプラザ」は、先進のデジタル技術や映像などを用いた15種類の設備で、実際に体を動かして体力の状態を知ったり、生活習慣病や認知症のリスクを学んだりすることができる。利用は無料だ。

 県は、当初計画で年間約6万人の来場を見込んでいたが6月下旬で6万6千人に到達。週末は家族連れも多いが、平日は近隣のシニア層の利用が多いという。5月に実施したアンケートによると来場者は県西地域からが約4割で最も多く、横浜・川崎を除いた県内が約3割で続いている。

 取材した6月29日、秦野市からエクスプラザを訪れた70代の男性は「妻に勧められ初めて来た。頭を使いながら体を動かせて楽しい」、60代の女性は「先月は友達と来て、今月は主人と。運動できて買い物、食事もできて楽しい」と話した。

 担当の県地域政策課では「県西地域には未病を改善する資源がたくさんある。賑わいがエクスプラザ、ビオトピアだけでなく、地域全体に広がり活性化するような取り組みを行う必要がある」と考えを示した。

 未病バレー敷地内では体育館の改修や温泉掘削も進んでおり、地域にさらに観光客を呼び込む拠点としても期待される。

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

湯河原に伊能忠敬の足跡

湯河原に伊能忠敬の足跡 文化

吉浜と門川に記念碑完成

10月19日号

暴風雨で大きな爪痕

台風19号

暴風雨で大きな爪痕 社会

箱根町で観測史上最多雨量

10月19日号

探検しながら落書き

デコリア×小田原フラワーガーデン

探検しながら落書き 社会

なでしこブランドのコラボ

10月12日号

選奨土木遺産に認定

旧熱海線鉄道施設群

選奨土木遺産に認定 文化

小田原市として2件目

10月12日号

新会館整備計画案を発表

小田原箱根商工会議所

新会館整備計画案を発表 経済

旧メガネスーパー本社ビル購入へ

10月5日号

56年ぶり石の彫刻祭

真鶴町

56年ぶり石の彫刻祭 経済

6人の作家が制作風景公開

10月5日号

観光に福祉のおもてなし

観光に福祉のおもてなし 社会

小田原、箱根でボラ体験

9月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク