国立印刷局小田原 堅守巧打で県連覇 軟式野球最高峰の全日本へ

スポーツ

掲載号:2018年7月14日号

  • LINE
  • hatena
優勝旗を手に笑顔のナイン
優勝旗を手に笑顔のナイン

 6月に開催された大和市長杯争奪軟式野球大会で、国立印刷局小田原(市内酒匂)が連覇を達成した。チームは、社会人軟式野球の日本最高峰の大会「天皇賜杯全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント」に神奈川県代表として出場する。

 「打ち勝つチームではないが、守備には絶対の自信がある。どう勝つか考え、徹底した」。泰平誠監督(44)は満足げにうなずいた。人工芝のスタジアム、弾む軟球。叩きつけるバッティングと小技で相手のミスを誘う戦術がうまく機能した。

接戦制す

 山場は決勝戦、湘南信用金庫との一戦。5月の国体予選でコールド負けを喫した相手だ。銘苅(めかる)太一投手(26)は打ちこまれた残像がよぎり「不安でいっぱい」の中マウンドへ。すると初回、四死球が重なり二死満塁のピンチを招く。「まだ序盤、思い切り腕をふってこい」。花園航生(かずき)主将(27)のサインにうなずき投げ込んだ渾身のストレートに、相手のバットは空を切った。「これで落ち着けた」チームは直後、相手エラーから好機を作ると盗塁も絡め2点を先制。「ロースコアは自分たちのペース」(花園主将)と主導権を握った。エースの力投と堅実な守り。少ないチャンスを生かし、4―2と見事リベンジを果たした。

少数精鋭

 内野の要・杉山正選手(25)は「試合を重ねる度に勝てるという雰囲気ができてきた」と振り返る。平均年齢23〜24歳と若いチームは、現在16人で活動。普段は紙幣の製造・印刷業務につく。部署ごとに業務時間も異なるため、全体練習ができるのは週末のみ。「貴重な時間だからこそ集中できている」(泰平監督)。少数精鋭ゆえのチームワークも大きな武器だ。

 かつて相洋高でもエースナンバーを背負った銘苅投手は「軟球になれるまで3年かかった」とはにかむが、今では強気の投球でねじ伏せる右腕としてフル回転。今大会も一人で投げ抜き、優秀選手に選出された。重要なつなぎ役を担う宇都光司外野手(22)は「常に挑戦者の気持ちでやっている。全国での貴重な経験、少しでも上を目指したい」と意気込む。真骨頂の堅守巧打の野球をみせられるか、注目だ。

 全日本大会は9月7日から山形県で行われる。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

各方面に「3年ぶり」の声

各方面に「3年ぶり」の声 社会

観光、学校行事など再開

5月28日号

ペーパーレス会議導入へ

小田原市議会

ペーパーレス会議導入へ 社会

資料電子化で効率化図る

5月28日号

初制覇へ「アツマーレ」

ベルマーレフットサル

初制覇へ「アツマーレ」 スポーツ

22日に開幕イベント

5月21日号

地域の「宝物」動画に

小田原箱根商議所

地域の「宝物」動画に 文化

ラグビーW杯、オリパラ契機

5月21日号

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook