中学生が全国の舞台へ 空手、相撲で日本一へ挑戦

スポーツ

掲載号:2018年8月11日号

  • LINE
  • hatena
空手道部のメンバー
空手道部のメンバー

 8月中〜下旬にかけ、各地で熱戦が繰り広げられる中学生スポーツの全国大会。相洋中が空手道、城南中が相撲競技の出場権を手にし、中学日本一をかけた戦いに挑む。

相洋中空手道部

 相洋中学校空手道部の大塚美波さん(3年)が5月の県大会を制した個人組手で初の全国大会出場を決めた。また、県準優勝を果たした女子団体組手には大塚さん、川村みいなさん、川野さくらさん(2年)、峯島菜摘さん(1年)のメンバーで全国に挑む。

 部長でもある大塚さんにとって、一つ先輩で昨年も共に全国の舞台を踏んだ山本彩未さん(現・相洋高1)の存在が大きい。日頃は中、高生が一緒に稽古を積んでおり、「困ったときは常に相談に乗ってもらい、気持ちを高ぶらせてくれた」という。

 個人、団体の両方に出場する大塚さんは中学最後の大舞台を前に、「すべて全力で戦って、みんなを引っ張っていく」と覇気を込めた。全国中学生空手道選手権大会は宮崎県で8月17日(金)から19日(日)まで。

城南中学校特設相撲部

 城南中学校の原尾文隆君(3年)はうれしい初出場。7月31日に川崎市で行われた県予選で準優勝し、上位3人に与えられる出場権を獲得した。

 「中学最後の夏。集中して、笑顔で土俵に上がれた」。はにかみながら、大粒の汗を拭った。

 小1で相撲を始め、5年から小田原相撲連盟の所属選手として岸田光弘監督の指導のもと稽古に励んできた。中学入学と同時にできた特設相撲部の野澤洋一教諭は「稽古も日常生活も自分で考え、日々の努力が実った結果」と評価する。

 体重は88kgあるが、162cmと小柄な原尾君。戦うのは時に見上げるほど大きな選手ばかりだ。手足の長さの違いでまわしを掴めないこともあり「少しでもミスをするともっていかれてしまう」。そこで勝つために、立ち合いの強さを磨いてきた。

 体格差をもはね除ける立ち合いで正面突破なるか。「持ち味を出して自分の相撲をとりたい」と決意を語った。全国中学校相撲選手権大会は8月18(土)・19(日)に山口県で開催される。

黙々と汗を流す原尾君
黙々と汗を流す原尾君

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

流行前の対応 呼び掛け

インフルエンザ予防接種

流行前の対応 呼び掛け 社会

市内医師らが注意喚起

9月19日号

新人松本氏が制す

真鶴町長選

新人松本氏が制す 政治

1139票差で宇賀氏敗れる

9月19日号

国際基準のグラウンドに

旭丘高校

国際基準のグラウンドに 教育

夜間照明完備、地域開放も

9月12日号

初の公設民営へ

小田原市放課後児童クラブ

初の公設民営へ 教育

10月から開所時間拡大

9月12日号

完成100年 感謝込め

箱根町玉の緒橋

完成100年 感謝込め 社会

有志ら 記念プレート設置

9月5日号

小田原風情歌う音頭誕生

小田原風情歌う音頭誕生 文化

作曲は宮路オサムさん

9月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク