小田原版 掲載号:2018年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

「市長におまかせ」が最多 17年度ふるさと納税使い道

文化

 小田原市は8月30日、2017年度に集まったふるさと納税への寄付金7億6400万円の活用実績を公表した。

 小田原市のふるさと納税は寄付金の使い道を寄付者本人が選択できる仕組み。選択肢としては福祉や地域経済など市総合計画に関する8本の柱に加え、市長に全権を託す計9つのプランがある。

 このなかで最も希望が多かったのが「市長におまかせ」の6081件。金額は全体の6割に当たる4億500万円に上った。各プランへの寄付金に加え、この金額を上位から順に割りあて、事業を行った。「市長におまかせ」プランに次ぎ、2720件の要望が集まった「子育て・教育」には、3億6千万円を使用。子育て包括支援センター運営事業や特色ある学校づくり推進事業へとあてた。

 3番目に要望が多かった「福祉・医療」は942件で1億4300万円。主にケアタウン推進事業や障がい者支援に役立てた。「暮らしと防災・防犯」には1900万円。防災用備蓄食料購入やハザードマップを作成した。

 ほかにも文化創造担い手育成や本丸二の丸広場整備に8300万円、再生可能エネルギーの導入促進、メダカの保護など「自然環境」の分野に1億400万円を活用。今後も市民生活の向上への貴重な財源として役立てる。

小田原版のトップニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月15日号

お問い合わせ

外部リンク