一度観たら「はまってしまった」 IT関連会社勤務 大澤健一さん

社会

掲載号:2018年9月22日号

  • LINE
  • hatena
「おはようございます」と声をかけながらチラシを渡す大澤さん
「おはようございます」と声をかけながらチラシを渡す大澤さん

 小田原アリーナをホームにする湘南ベルマーレフットサルクラブ。地元サポーターの思いを紹介する連載第2弾は、本町のIT関連会社の大澤健一さん(46)を取材した。

 ホーム戦がある週の木曜日、朝7時半。通勤・通学で混み合う小田原駅の東西自由通路に立ち、元気よくあいさつをしながら試合告知のチラシを渡す。「自主的にチラシを配っている、ただのオジサン」と笑う大澤さんは、会社では事業部長。

 応援するようになったきっかけは6年前、勤務先のヒューマンズ・ネット株式会社が後援組織「小田原フットサルアカデミー」(FAO)に加入したこと。小学生の頃からサッカーが好きで、社会人になっても親しんできた。息子の少年チームでコーチを務めるなどサッカー歴は長い。フットサルも会社のサークルで練習していたが、観戦は初めてだったという。

 「ミニサッカー感覚と思い込んでいた…」が、目の前で試合を観た途端「はまってしまった」。攻守のスピード感と、まるでボールが足に吸い付いているかのような技の数々に目が釘付けになり、「選手同士のバチバチ感もすごい迫力で驚きました」と振り返る。その興奮を一人でも多くの人に体験してほしいと、出勤前の時間を利用してチラシ配りに参加している。6年間、皆勤賞だ。「近い距離で観戦できるのもフットサルの面白さ。年齢、性別関係なく、みんなで楽しめるのも魅力ですね」。

選手とボランティアが集まり、約1000枚を配布
選手とボランティアが集まり、約1000枚を配布

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

一瞬の閃きで勝負

一瞬の閃きで勝負 文化

柏木さんが戦略系ゲーム世界大会へ

7月20日号

フードロス×バンク掲げて

フードロス×バンク掲げて 経済

報徳食品支援センター開設

7月20日号

大天地にそそりたつ〜

大天地にそそりたつ〜 スポーツ

小田高 4年ぶり校歌にOB歓喜

7月20日号

一騎打ち制す

旭丘高校

一騎打ち制す スポーツ

走高跳の谷本健瑠さん

7月20日号

自然と人に触れる

自然と人に触れる 教育

NPOこころみが芋掘り

7月20日号

柳家三三の落語会

柳家三三の落語会 文化

8月11日 市民会館

7月20日号

楽しさ詰まった応援Tシャツ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク