小田原版 掲載号:2018年9月29日号
  • LINE
  • hatena

歴史見聞館 からくり屋敷も登場 展示イメージを公表

文化

 耐震補強工事とともに、北条五代に仕えたとされる風魔忍者をメインコンテンツにリニューアルが進められている小田原城址公園内の「歴史見聞館」。市がこのほどリニューアル後の展示イメージを公表した。映像や展示を通して歴史を学ぶとともに、触ったり動かしたりできるアイテムやデジタル技術も活用する参加・体験型の展示手法を採用。外国人観光客や親子連れも取り込みたい考えだ。

 来館者は3つのゾーンを歩いて巡る。最初の「戦国シアターゾーン」では、映像で北条五代の歴史を学んだ後に小田原城を救う「忍務」が言い渡される。続く「忍術体験ゾーン」にはからくり屋敷や池があり、隠し扉などの仕掛けもある。最後の「小田原攻防ゾーン」では、動きを感知するセンサーを利用し、スクリーンに映し出される敵を協力して倒す。リニューアルオープンは2019年4月中を予定している。

 歴史見聞館は1988年に開設。昨年度の有料入場者数は11万5千人だった。

小田原版のローカルニュース最新6件

『二宮金次郎』の再上映決定

宿泊客をおもてなし

宿泊客をおもてなし

宿泊客をおもてなし

3月16日号

平成最後の巣立ち

小学生の陸上教室

スクランブル交差点に横断幕

地域活性へ街の人々の思い

スクランブル交差点に横断幕

3月16日号

家族に誓い、巣立つ春

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク