富水小泉中出身 福田俊投手が日本ハムへ プロ野球ドラフト会議で7位指名

スポーツ

掲載号:2018年11月3日号

  • LINE
  • hatena
日本ハムのロゴ入りボールを手に笑顔の福田投手=星槎道都大提供
日本ハムのロゴ入りボールを手に笑顔の福田投手=星槎道都大提供

 小田原市立泉中学校出身の福田俊(すぐる)投手(21・星槎道都大4年)が、10月25日に開かれた2018年プロ野球ドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズから7位指名を受けた。「素直に嬉しいの一言です」。運命の日から4日後、本紙の電話取材に対し喜びを語った。

 次々とライバルたちが指名されるなか「最後の方で少し諦めていた気持ちもあったが、名前を呼ばれてホッとしました」と、その時を振り返る。

 北海道札幌市に生まれ、父親と兄の影響で物心ついた時にはボールと遊んでいたという福田投手。小学校入学と同時に野球を始め、4年生で小田原に転居。富水小では小田原ベアーズ、泉中時代は小田原ボーイズに所属し、主に投手として白球を追う毎日を送った。

 硬式を始めたボーイズ時代は「後先考えず、ただ純粋に野球が楽しかった」。穴部のグラウンドで練習に励み、狩川沿いの土手をランニングしたことが強く印象に残っているという。入団からの3年間、指導にあたった元監督の廣瀬彰さん(57)は「身体は決して大きい方ではなかったが、伸びのあるストレートは当時から光るものがあった。とにかく努力する子。真面目にコツコツと練習に取り組んで今があると思う」と懐かしむ。

大学でプロを意識

 その後横浜創学館高、星槎道都大へと進学。甲子園出場こそならなかったが、大学1年時から中継ぎで登板、3年時からは先発を任せられるようになった。170cmと小柄ながら、横の角度を駆使した奥行きある投球で頭角を現し、秋の明治神宮大会では道勢初の準優勝に貢献。最上級生になった春、スカウトが訪れるようになり、プロ入りが「大きな夢から現実的な目標へと変わった」のはこの頃だ。

 今後の目標を聞くと「みんなの中にずっと残るような、息の長い選手になりたい。そのためには怪我をせず成績をコンスタントに残していきたい」と話した福田投手。小さな大投手に向け、プロ人生のスタートラインに立った。

恩師も祝福 市内中学からは12年ぶり

 12年ぶりの市内中学校からのプロ野球選手誕生に、市内もお祝いムードに包まれた。

 泉中職員室への第一報は、当時数学を担当していた西山篤教諭からのメールだった。「あの福田君がプロ野球選手に」。国語を受け持った生垣麻美教諭と長谷川弘子養護教諭ら5人は未だ同校に在籍しており、同級生たちも教育実習の真っ只中。「いつもにこにこしていた(生垣教諭)」福田投手が指名されたことを知り、卒業アルバムを見返して懐かしむなど、職員室は大いに沸いたという。「これからはファイターズを応援します。活躍して中学校で講演してほしい」と母校からエールを送った。

 小田原ボーイズ関係者にも吉報が届けられ「現役選手の励みになる」と喜びのコメント。廣瀬元監督は「焦らずゆっくり身体をつくって、1軍にのぼりつめて」と、かつての教え子を思いやった。

◆福田俊プロフィール/1996年12月14日生まれ。170cm、75kg・左投左打。大学通算15勝5敗
 

チームメイトによる胴上げ=星槎道都大提供
チームメイトによる胴上げ=星槎道都大提供

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

SDGsモデル事業に選定

小田原市

SDGsモデル事業に選定 社会

「地域自給圏」の創造、国が評価

7月13日号

最終処分場が完成

湯河原町真鶴町衛生組合

最終処分場が完成 社会

県内初のクローズ型

7月13日号

クレイ選手が初制覇

日本陸上選手権男子800m

クレイ選手が初制覇 スポーツ

高校生優勝は史上初

7月6日号

盛夏前に冷房稼働

小田原市小・中学校

盛夏前に冷房稼働 教育

全校の普通教室に設置

7月6日号

「100歳時代」の社会へ

星槎大学

「100歳時代」の社会へ 教育

県との協働事業、小田原でも

6月29日号

風疹クーポンを発送

1市3町

風疹クーポンを発送 社会

対象男性 約1万1千人へ

6月29日号

印刷局がクラブ全日本へ

印刷局がクラブ全日本へ スポーツ

男子ソフトボール

6月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月13日号

お問い合わせ

外部リンク