「新幹線ビル」建て替えへ 決議成立 2023年完成目指す

経済

掲載号:2018年12月1日号

  • LINE
  • hatena
小田原駅西口の新幹線ビル
小田原駅西口の新幹線ビル

 老朽化が進む小田原駅西口の小田原駅前分譲共同ビル(通称:新幹線ビル)が、建て替えへの最大のハードルを越えた。11月23日、同ビル管理組合の臨時総会が開かれ、建替え決議が成立した。

 小田原お堀端コンベンションホールで行われた総会には、住民やテナント地権者が参加した。

 区分所有法によるマンションの建替え決議成立には、「議決権」と「区分所有者数」のそれぞれで5分の4以上の賛成が必要になる。決議が成立すると、建て替えに反対する所有者であっても建替組合が区分所有権を買い取ることができる。

 総会では、同ビルの商業テナント部分74と住宅部分89による議決権163のうち賛成161、区分所有者数91のうち賛成89・棄権1・その他1となり、決議が成立した。

 同組合の想定スケジュールでは、2019年6月頃に建替組合の設立総会、20年4月頃から解体工事、21年2月頃から本体工事、23年3月頃に竣工引渡し。新ビルは地下1階地上17階建を予定。事業協力者には(株)タカラレーベン(本社/東京都)が決定している。

 管理組合(住宅部)の平野毅理事長は、ビルが開業した1975年にマンションに入居した。念願の建替え決議成立に安堵しつつ「ようやくスタートラインに立てた。これからが本番」と表情を引き締めた。

 6年前にテナント部分を取得した万葉倶楽部(株)の高橋眞己専務取締役は、同ビル管理組合(全体)理事長として建て替え事業に取り組んできた。小田原市には、駅周辺の商業地の建物に小田原城天守閣の高さを超えない「標高68・3m」の高さ制限がある。高橋氏は「高さ制限があることで事業としては厳しい条件だった。制限が無ければ3階層増やせた。より良い条件で計画が立てられた」と述べ「行政には、高さ制限の見直しも考えて欲しい」と要望を口にした。

臨時総会の様子
臨時総会の様子

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

3年ぶり武者パレードも

5月3日

3年ぶり武者パレードも 社会

「北條五代 歴史と文化の祝典」

4月30日号

『みかんの花〜』で出発進行

JR国府津駅

『みかんの花〜』で出発進行 文化

発車メロ、5月2日変更

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook