仲間とラグビー「中学でも」 6年生が卒業記念大会

スポーツ

掲載号:2019年2月23日号

  • LINE
  • hatena
タックルする小田原・平塚市チームの選手
タックルする小田原・平塚市チームの選手

 12歳以下の9人制大会「第9回神奈川県ミニラグビーファイナルカップ」が2月16日・17日、小田原市城山陸上競技場で行われた。

 小学6年生の選手に、最後に試合を経験してもらうことで「中学校に行ってもラグビーを続けて欲しい」と県ラグビーフットボール協会が主催している。また東日本大震災以降は、東北のラグビースクール活動を応援するために、東北のチームを招待。選手たちは大会中、神奈川県の選手宅に宿泊して交流を深めている。

 今回は小田原・平塚市合同チームをはじめ県内16チーム、県外4チームが参加。選手たちはベンチからの声援を受けながら、果敢なタックルや息の合ったパス回しからのトライなどを見せた。

 同協会普及育成委員長で大会実行委員長を務めた角田誠さんは「芝の状態が素晴らしい。こんな環境で試合ができる選手たちは嬉しいと思う」と目を細めた。

 1日目の試合後には、元日本代表の伊藤剛臣さんが登場。「ラグビーワールドカップは世界3大スポーツイベントのひとつ。みんなで一緒に盛り上げよう」と呼びかけた。

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

豪州ラグビー 動画で応援

小田原市

豪州ラグビー 動画で応援 スポーツ

五輪事前キャンプに向け

11月21日号

魅せられて、一本道

これからも変わらず地道に

令和2年度神奈川の名工

親睦深めゴミ拾い

SDGsで県と連携

SDGsで県と連携 社会

 パートナーに新たに70者

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク