小田原市消防本部 119番 多言語OK 外国人増加に通訳サービス

社会

掲載号:2019年6月1日号

  • LINE
  • hatena
24時間体制で対応する指令センター
24時間体制で対応する指令センター

 小田原市消防本部は、増加が見込まれる外国人からの119番通報に対応するため、多言語通訳サービスを導入した。運用は6月1日午前0時から。

 2市5町を含む県西エリアは、9月のラグビーW杯で小田原市が豪州代表の合宿地になり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどでも外国人観光客の増加が予想されている。

 導入したのは民間の電話センターによる通訳サービス。119番通報をすると同本部指令センター(小田原市前川)で受け、外国語の場合はサービスにつないで3者通話を行う。サービスは24時間365日稼働し、英語、韓国語、中国語、ポルトガル語、ベトナム語、タガログ語、インドネシア語、フランス語、ロシア語など17カ国語に対応。同時通訳で病状、火災状況、所在地などを聞く。搬送などを行う隊員も携帯電話に機能を導入し、搬送中にも3者通話ができるよう対応する。

 同本部は、英語のマニュアルを独自に作成していたが、総務省消防庁が20年までに多言語通訳サービスを導入するよう全国に通達したことを受けシステムを整備した。

 同本部の救急搬送件数は年間約2万件。うち外国人の搬送人数は16年25人、17年29人、18年15人と全体では少ないが、通訳サービスにより、現場の到着時間や場所の特定など迅速なサービスができるという。指令センターの担当者は「どんな状況でも同じように火災・救急サービスを行えることが必要」と話す。

箱根昨年4月から湯河原・真鶴は今後

 近隣では箱根町消防本部が昨年4月から同様のサービスを運用。昨年1年間の救急搬送件数は約2千件で、約100件外国人を搬送しているが、4月から12月までの3者通話による搬送は6件に留まる。同本部はサービスの利用が少ない理由として、旅館やホテルなど施設からの通報が多いことや、旅行者に日本語ができる人が同行していることなどを挙げている。

 湯河原町と真鶴町を管轄する湯河原町消防本部は、今年度中に多言語通訳サービスの導入を目指している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「スーパーシティ」に名乗り

小田原市

「スーパーシティ」に名乗り 社会

国の公募、特区指定目指す

5月1日号

根府川関所址を後世に

根府川関所址を後世に 文化

地元有志が石碑を建立

5月1日号

ちょうちんの灯り再び

市観光協会

ちょうちんの灯り再び 文化

小田原城で新イベント

4月24日号

初のデジタル観光券販売へ

小田原市

初のデジタル観光券販売へ 経済

総額1億3000万円

4月24日号

初の囲碁日本一に

竹内怜櫂君(小田原市栢山)

初の囲碁日本一に 文化

ジュニア本因坊戦を制す

4月17日号

新課設置で民間連携強化

小田原市

新課設置で民間連携強化 経済

窓口一括で効率化図る

4月17日号

シロアリのことなら三和消毒へ!

4~6月はシロアリ舞う季節。今なら床下無料健康診断を実施中!

http://www.sanwa-tpc.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter