ウガンダで「小田原会」 同郷の3人が活躍中

社会

掲載号:2019年8月10日号

  • LINE
  • hatena
バイク便会社を経営する伊藤さん(左)と現地の従業員=伊藤さん提供
バイク便会社を経営する伊藤さん(左)と現地の従業員=伊藤さん提供

 アフリカ東部のウガンダ共和国で、小田原市出身の植村佳弘さん(38)、伊藤淳さん(37)=人物風土記で紹介=、青木真美さん(29)が活躍している。植村さんはJICA(国際協力機構)ウガンダ事務所で経済インフラの企画調査員として、伊藤さんはバイク便会社の経営者として、青木さんは青年海外協力隊の隊員として、それぞれの分野でまい進。ウガンダで出会った同郷の3人は、現地で「小田原会」なる飲み会をひらき、交流を深めているという。

 伊藤さんは「世界が変わる中で、イノベーションはアフリカで起こるのではないだろうか。30年、40年先、アフリカでつくったものを生かせたら」と目を輝かせる。2014年1月にウガンダへ渡り、人材育成会社を起業した後、16年5月に首都カンパラでバイク便会社を設立。地図も住所もなく、決済手段は現金のみだが、5カ国に囲まれた内陸のウガンダは「物流の拠点になりうる」と挑戦を続ける。ドライバー1人から始めた事業は現在、20人を雇用するまでに成長を遂げた。

 青木さんはカンパラから東に120Km離れたイガンガで、女性の経済的自立をサポート。現地の女性たちと共に、チテンジと呼ばれるアフリカ生地を使った洋服や雑貨づくりを行っている。

 独特の鮮やかな色遣いのチテンジは「元気をくれる不思議な魅力があります」と青木さん。6月に一時帰国し、小田原の上府中公園で開催されたカミイチに出店した。「興味を持っていただけてうれしかった。こういう形の国際協力、相互理解もあるのだと実感しました」と話す。青木さんは「女性たち自身で運営が成り立つように仕組みづくりに力を入れていきたい」と、残り半年となった任期の目標を語る。チテンジ製品は現在、小田原銀座通りの「きもの濱田屋」で販売している。

カミイチでチテンジ製品を販売する青木さん
カミイチでチテンジ製品を販売する青木さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

もう一つの全国大会

もう一つの全国大会 スポーツ

下村さん(旭丘3)が選抜二段跳に出場

9月21日号

まるで黒猫!?珍花が開花

まるで黒猫!?珍花が開花 教育

小田原フラワーガーデン温室

9月21日号

プロ野球がやってきた

イースタン・リーグ公式戦

プロ野球がやってきた 社会

選手と交流も

9月21日号

「聯(れん)」が9回目の大賞

「聯(れん)」が9回目の大賞 文化

小田原えっさホイおどり

9月21日号

世界へはばたく第一歩

世界へはばたく第一歩 教育

高校生が英語でスピーチ

9月21日号

23日に開幕

23日に開幕 文化

小田原市民文化祭

9月21日号

「奈良百点」再スタート

「奈良百点」再スタート 文化

木版画家・石渡武夫さん個展

9月21日号

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク