エースの走りと強い絆

スポーツ

掲載号:2019年8月24日号

  • LINE
  • hatena
リレーと400mの3冠女王となった高島さん。女子MVPに選出された
リレーと400mの3冠女王となった高島さん。女子MVPに選出された

 初の総合優勝。その大きな原動力は、間違いなくエース高島咲季(3年)さんだ。

 大会初日・400mに登場すると予選から3本を走り、決勝では自己ベストに肉薄する53秒44で連覇を果たした。6月の日本選手権では同種目2位に入る実力者。「今回は絶対負けられない」と重圧を感じながら臨んだレースだったが、貫録漂う力強さで「いつも通り走れたのがよかった」と再び女王の座についた。

 スピード強化のために取り組む200mでも自己ベストを0秒48更新する23秒76で2位。「200mはいつも2位。全国で1番を取りたかった」というが、出場した個人種目全てでメダルを獲得し、高校陸上生活の集大成を見せつけた。

走りきった逆転劇

 そして迎えた最終種目・花形のマイルリレーは連覇のかかる種目だ。1走川崎夏実さん(3年)、2走金子さんが首位でつなぐとIH初出場の岩本真菜さん(3年)へ。専門は100mだったが結果が出ず昨年は付き添いだった岩本さん。今春400mを始めるとみるみる才能を開花させ、メンバーに抜擢された。「1年前は想像出来なかったが最後の最後でこの舞台に立てた」。順位を一つ下げるも懸命に食らいつき、4走・高島さんへと望みをつないだ。

 今大会12本目のレースとなる高島さんは「何番でもらっても絶対1位になってやる」。400mの女王に相応しい走りで逆転、チームを頂点へと導いた。

*   *

 高島さんを軸に、3年生が一丸となりチームをまとめてきた今季の相洋。共にマイルを走った高島・川崎・金子の3選手は、学校は違えど中学時代から200mのタイムで同等記録を持ち、凌ぎを削ってきたライバルだった。高島さんが姉の背中を追って相洋へ入学を決めると、それを聞いた金子さんが川崎さんも誘い、揃って同門を叩いた。

 あれから3年。個人の走力はもちろん、バトンパスにも磨きをかけ、信頼を重ねた。メンバー入りを果たせなかった部員も含め皆が「このチームで良かった」と声を弾ませる。どのチームより強く結ばれた絆で掴んだ「日本一」だ。

金子さんから岩本さんへのバトンパス
金子さんから岩本さんへのバトンパス

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

明大学生が子ども向け企画

明大学生が子ども向け企画 文化

9月28日 宿場祭りで

9月14日号

箱根で秋の気配

箱根で秋の気配 文化

ススキ、見ごろは10月半ば

9月14日号

本でつながる

体験レポート 21

本でつながる 文化

豊島邸のブックカフェ

9月14日号

県西の雄 足柄FCが躍進

県西の雄 足柄FCが躍進 スポーツ

高・低学年が県西W(ダブル)優勝

9月14日号

自己見つめ道拓く

自己見つめ道拓く 経済

小田原藩龍馬塾

9月14日号

古紙リサイクルに一手

小田原市

古紙リサイクルに一手 社会

新聞回収袋を製作

9月14日号

男性の育休に高い関心

女性ランチミーティング

男性の育休に高い関心 経済

職場の枠越え意見交換

9月14日号

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク