箱根山噴火警戒 客足減も「限定的」 町、7月調査結果を公表

社会

掲載号:2019年9月7日号

  • LINE
  • hatena

 箱根町はこのほど、7月の「業種別観光客数等の対前年度比調査結果」を公表した。箱根山の噴火警戒レベルが5月に引き上げられたことなどに伴い、ほとんどの業種で若干の減少が見られた。

 前年度比で減少したのは、観光施設業を除く4業種=表。箱根町観光課によれば、噴火警戒レベルの引き上げに加え、消費増税を控えた消費活動の低迷、さらに7月末まで長引いた梅雨が影響したものとみられる。

 一方、こうした天候不順が好影響をもたらしたのが観光施設業。雨に濡れずに楽しめる美術館に人気が集まり、前年度比102%を達成した。一部の屋外型施設でも客足を伸ばしたのは、大涌谷が立ち入り規制区域にあたるため、観光客の行動が例年と変化したことによるとものとみられる。

 8・9月の宿泊予約状況は、8月1日時点で前年比90%以下。数値からは今後の見通しも明るくないと思われるが、同じく噴火警戒レベルが引き上げられた4年前の数値と比較すると減少幅は小さい。その背景について、同課では「前回は『噴火警戒レベル』の制定以降、全国で初めて適用された事象だったこと」をあげる。その後、他の火山活動でも適用されるようになり、「今はレベルに対する知識が深まっているのでは」と話し、今回の減少についても「立ち入り規制がかかる地域の限定的なもので、深刻な状況ではない」としている。

欧米人に高まる人気

 7月に単月で過去最高を記録した国の傾向と同様、箱根を訪れる外国人観光客数は堅調に推移。こうしたなか、正式な数値のとりまとめはないものの、箱根町総合観光案内所を訪れる韓国人は国際情勢の影響を受けて減少傾向にある。

 一方、旅先でトレッキングを楽しむ人が多い欧米諸国や豪州の観光客から箱根の人気が高まっており、全体としては増加しているという。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「湯立獅子舞」国重文指定へ

箱根町

「湯立獅子舞」国重文指定へ 文化

宮城野、仙石原に伝承

1月29日号

35年ぶりの新品種開発

35年ぶりの新品種開発 社会

県産イチゴ「かなこまち」

1月29日号

自宅療養者を支援

1市3町

自宅療養者を支援 社会

食料品手配など展開

1月22日号

キッチンカー「食べて応援」

小田原市

キッチンカー「食べて応援」 社会

市役所駐車場などを活用

1月22日号

なりわい文化を発信

全国産業観光フォーラム

なりわい文化を発信 文化

小田原市で2月17日、18日

1月15日号

ゆかりの地通じ街をPR

大河ドラマ

ゆかりの地通じ街をPR 文化

『鎌倉殿の13人』で市町活性化へ

1月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月29日0:00更新

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook