郷土の誇りかけて出陣 小田原勢8人が国体へ

スポーツ

掲載号:2019年9月28日号

  • LINE
  • hatena
写真右上…川崎さん(左)と安井さん写真左…山内さん=本人提供、写真右下…松下さん=ミズノ(株)提供
写真右上…川崎さん(左)と安井さん写真左…山内さん=本人提供、写真右下…松下さん=ミズノ(株)提供

 9月28日(土)から10月8日(火)まで茨城県で開かれる「第74回国民体育大会」に、小田原ゆかりの選手・監督8人が出場する。神奈川県代表として、陸上競技と相撲競技で日本一をかけた戦いに挑む。



 陸上競技には、松下祐樹さん(ミズノ・小田原高卒)が成年男子400mH、山内愛さん(長谷川体育施設・城北工高卒)が成年女子やり投に出場する。リオデジャネイロ五輪に出場した経歴をもつ松下さんは、「今回は東京五輪に向けた大事な大会。世界陸上を逃した悔しさをぶつける」、10回目の国体出場となる山内さんは「記念すべき10周年、記録と順位を狙って神奈川に貢献したい」とそれぞれコメントを寄せた。

 相洋高校からは川崎夏実さん(3年)が少年女子A400m、安井麻里花さん(1年)が少年女子B100mと同100mHにエントリー。怪我を乗り越え、走れる喜びを胸に挑む川崎さんは、400m3本を戦い抜く体力を取り戻したベストな状態に向け、調整を重ねてきた。「走れている時の感覚は染みついている。IH(4位)で悔しさも残ったが、もう1回戦えるチャンス。優勝を狙いたい」と前を向く。4種競技で全中を制覇した実力者の安井さんは、直前の県新人100mHで、大会新をマークして優勝するなど波にのる。「強い選手と戦うので楽しみの方が大きい。積極的な走りでベストが出せたら」と意気込む。



 相撲競技少年男子には、旭丘高校から野地嵩良さん(3年)、ムンクジャルガルさん、オチルサイハンさん(共に2年)が出場。同校相撲部の岸田光弘顧問が監督を務める。同部から3人の国体選手が出るのは6年ぶり。

 184cm・135kgと恵まれた体格を生かした相撲が持ち味のオチルさんは「いつも通りやるだけ」ときっぱり。徐々に大会慣れもしてきたというムンクさんは「ミスをしない、負けない相撲をとりたい」と続けた。高校生活最後の大会となる野地さんは「悔いの残らないよう楽しんで、きっちり勝つ役割を果たしたい」と話し、目標に県勢初となる準優勝を果たした「昨年越え」を掲げた。
 

前列左からオチルさん、野地さん、ムンクさん。後列が岸田監督
前列左からオチルさん、野地さん、ムンクさん。後列が岸田監督

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

ヒメマスの増殖を体験

ヒメマスの増殖を体験 教育

箱根の森小が採卵学習

11月27日号

努力で掴んだ全国優勝

努力で掴んだ全国優勝 スポーツ

前羽小、北村大芽君

11月27日号

8秒の間隙 首位攻防制す

ベルマーレフットサル

8秒の間隙 首位攻防制す スポーツ

猛攻はね返し ホーム無敗

11月27日号

クリニック併設 安心の住まい

クリニック併設 安心の住まい 社会

施設見学随時受付中

11月27日号

浅田政志さん 小田原を撮影

浅田政志さん 小田原を撮影 文化

1月 三の丸ホールで展示

11月27日号

野外で歌やダンス披露

ポールスターフェス

野外で歌やダンス披露 文化

本日 湯河原で初開催

11月27日号

マツダ小田原店

都市型SUVの、上質さと質感にこだわり抜いた特別仕様車「CX-5」デビュー

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook