箱根町 画面タッチで119番 聴覚障害者等の通報に

社会

掲載号:2019年9月28日号

  • LINE
  • hatena
NET119の操作画面
NET119の操作画面

 聴覚や言語に障害がある人が、会話などの音声を介さないで119番通報できるシステムを、箱根町が導入した。スマートフォン等の画面操作で通報できるもので、10月1日から運用を開始する。

 導入したのは「NET119緊急通報システム」でスマートフォンなどの携帯電話、タブレット端末で利用できる。対象は町内在住、在勤、在学者。県内では平塚市や厚木市等が導入済みで、他の市町も2020年度までに導入が予定されている。

 町消防本部では、これまで聴覚障害者等からの通報はファクスで対応してきたが、同システムを利用すればファクスが使えない場所からも簡単に通報できるようになる。

 スマートフォンでの通報手順は、システムを起動して画面に表示される「救急」「火事」「その他」から該当するものをタッチ、続いて通報場所の「自宅」「現在地」、救急の場合は具合が悪いのが「自分」「自分以外」を選択してから「通報」マークをスライドすれば通報完了となる。外出先でもGPSで利用者の通報位置が確認でき、通報後はチャット機能による文字で会話も可能だ。

 システムの利用には事前登録が必要で、氏名や住所、性別のほか血液型や持病、かかりつけの医療機関等も登録できる。

 町消防本部では9月20日、事前登録説明会を開催。参加した83歳の女性は持参したスマートフォンで登録を済ませた後に通報操作を体験し、「今晩から安心して眠れる」と笑顔を見せた。

 運用開始後は、他市町村で同システムに登録した人が箱根エリアで発信した通報も、町消防で受けられるようになる。

 関田和明消防長は、「地域住民の安全安心に加え、箱根を訪れる皆さんが安心して観光や宿泊ができる体制づくりを進めたい」と話した。システムの年間事業費は約300万円。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

戻りつつある箱根町観光

戻りつつある箱根町観光 経済

道路・温泉、復旧に向け加速

11月16日号

水産業振興の拠点に

TOTOCO小田原

水産業振興の拠点に 経済

小田原漁港西側に22日オープン

11月16日号

箱根を認定 3年連続

アニメツーリズム協会

箱根を認定 3年連続 文化

訪れてみたいアニメ聖地

11月9日号

加藤市長が出馬表明

小田原市長選

加藤市長が出馬表明 政治

「総仕上げ」として4選目指す

11月9日号

「禁煙宣言」で取り組み強化

小田原医師会

「禁煙宣言」で取り組み強化 社会

受動喫煙防ぐ環境対策も

11月2日号

安藤穂弦さんに文科大臣賞

安藤穂弦さんに文科大臣賞 文化

伊勢神宮奉納書道展で

11月2日号

箱根初プロ野球選手へ

勝俣翔貴選手

箱根初プロ野球選手へ スポーツ

オリックスから5巡目指名

10月26日号

星槎小田原キャンパスで縁日

さがみ湾の大海原と共に、片浦レモンの味覚を楽しもう

http://seisa.ed.jp/odawara/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク