10月でもノシノシ 小笠原さん宅のカブトムシ

社会

掲載号:2019年10月5日号

  • LINE
  • hatena
秋でもまだまだ元気
秋でもまだまだ元気

 小田原市西酒匂在住の小笠原清道さん(57)が飼育するカブトムシ。朝晩はめっきり秋めいてきた10月に入っても、いまだ立派なツノを上下に揺らしながら元気にノシノシと動き回っている。

 50年以上も昆虫採集が趣味で、一年を通して何らかの虫を追いかけているという小笠原さん。少年たちの憧れの的であるカブトムシは「夏の風物詩。冷たいビールと枝豆よりも魅力がある」という。「飼育はできる限り自然に近い環境で」と特別な温度管理はしていないが、「10月でもこんなに元気だなんて」と愛おしそうに見つめていた。

 生命の星・地球博物館の学芸員・渡辺恭平さんによると、カブトムシは温かい場所でエサを豊富に与え、オスならば単独で育てることで、11月近くまで生きる可能性もあるという。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook