小学生が認知症学ぶ 国府津小で90人が受講

教育

掲載号:2019年10月26日号

  • LINE
  • hatena
クイズ形式で学ぶ国府津小の児童
クイズ形式で学ぶ国府津小の児童

 小学生の認知症に関する理解度を高めようと国府津小学校で9月30日、「認知症サポーター養成講座」が行われ、4年生約90人が参加した。

 小田原市キャラバン・メイトのメンバーでもある愛の家グループホーム(前川)のスタッフらが講師となり、認知症の特徴などを説明。その後、「食べたことを忘れてしまったおばあちゃんには何て言う?」「おじいちゃんに夜中に大声を出されたら?」などの対処法をクイズ形式で学んだ。

 講座終了後、大坪聖奈さんは「認知症の人とどう話せばいいか、言葉遣いがわからなかったけれど、優しく接すればいいと分かった」、吉松奏南さんは「認知症が増えていると初めて知った。認知症の人との接し方を知れてよかった」と振り返った。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

檜舞台でヴェール舞う

南鴨宮 尾崎美穂さん

檜舞台でヴェール舞う 文化

狂言師千三郎さんが協力

5月15日号

地元産材トンボ 球児に

報徳の森プロジェクト

地元産材トンボ 球児に スポーツ

スポーツ広場で使用

5月15日号

クールにゆたぽんPR

クールにゆたぽんPR 文化

湯河原町

5月15日号

70周年記念しゴール設置

小田原バスケ協会

70周年記念しゴール設置 スポーツ

上府中公園で新たに1基

5月15日号

Odawara city officials and doctors conducted the first simulation of mass vaccination

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Odawara city officials and doctors conducted the first simulation of mass vaccination 社会

5月15日号

To mourn a futsal player, Shigetaka Hisamitsu

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

To mourn a futsal player, Shigetaka Hisamitsu 文化

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月15日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

透明水彩で描く風景画

「楽の会」主宰・鈴木文隆さん

透明水彩で描く風景画

5月19日からNEW新九郎で個展

5月19日~5月24日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter