「新そばで季節感じて」 小田原そば商組合が提供

社会

掲載号:2019年11月16日号

  • LINE
  • hatena
新そばを楽しむ施設利用者
新そばを楽しむ施設利用者

 小田原そば商組合(大垣徹晃組合長)に加盟する8店舗のそば店が、10月29日から11月21日にかけ、社会福祉法人宝安寺社会事業部「ほうあんのぞみ」と「ほうあんふじみのさと」の利用者ら43人に新そばを振る舞っている。

 組合が地域貢献の一環で取り組む事業の一つで、毎年新そばの季節に障がい者施設の利用者らに無償でそばを提供。11月5日には、市内久野の更科に5人が来店し、新そばの味を楽しんだ。利用者らは「そばの香りが違う」と笑顔で味わった。大垣組合長は「季節を感じてもらえたらうれしい」と話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

天守閣に冬の灯火

天守閣に冬の灯火 文化

児童らのちょうちん展示

12月4日号

2年ぶりのコンサート

小田原少年少女合唱隊

2年ぶりのコンサート 文化

クリスマスの曲を披露

12月4日号

人命救助に感謝状

小田原市消防本部

人命救助に感謝状 社会

12月4日号

ジオラマの街で「出発進行」

ヒルトン小田原

ジオラマの街で「出発進行」 文化

クリスマス・トレイン

12月4日号

プロが感じる県西の魅力

プロが感じる県西の魅力 社会

11日(土)にシンポジウム

12月4日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

12月4日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook