世代を超え 人文字で「令和」 ドローンで空撮

文化

掲載号:2019年12月25日号

  • LINE
  • hatena
ドローンで撮影した人文字(画像提供・山田博さん)
ドローンで撮影した人文字(画像提供・山田博さん)

 新元号「令和」を人文字でつくり、ドローン(小型無人機)で空撮する試みが12月14日、小田原市内の留場みどりの広場で行われた。市内外から親子連れなど約40人が参加。一文字につき10m四方で書かれた漢字の上に立ち、撮影に臨んだ。

 撮影したのは、無線飛行機の操縦が趣味という、小田原市久野の山田博さん(75)。きっかけは4月、山田さんが加藤憲一市長との食事の席で、「新時代になったら地域で何かやりたい」と話したことだったという。それを聞いた市民から同企画の提案があり、準備を進めてきた。

 当初は5月に小田原城二の丸広場での実施を計画したが、場所の確保などが難航して断念。ただ「年内に実現したい」と計画を見直し、12月の開催にこぎつけた。

 イベントの提案者は「世代を超えて交流を深められればと思い、企画した」と話している。当日は文字の上に人の影が長く伸びてしまうなど、さまざまな課題が見つかったが、反省点を次回に生かし「今度はさらに大規模なイベントを開きたい」と意欲を見せる。

 撮影した画像は山田さんのフェイスブックでも閲覧できる。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

伊豆山を継続支援

小田原白梅ライオンズ

伊豆山を継続支援 社会

約30万円を現地に送金

9月18日号

風魔忍者を募集中

小田原市観光協会

風魔忍者を募集中 文化

殺陣習得でショー出演

9月18日号

古典芸能で幕開け

小田原三の丸ホール

古典芸能で幕開け 文化

文化・芸術 創造の拠点に

9月18日号

小田原市がスマホ教室

小田原市がスマホ教室 社会

携帯販売事業者4社と協定

9月18日号

防犯、青少年育成などの力に

防犯、青少年育成などの力に 社会

小田原遊技場組合が寄付

9月18日号

もしかして摂食障害?

当事者・支援者・家族向けセミナー

もしかして摂食障害? 社会

10月9日 UMECO

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook