「持続可能な社会」の実現へ 小田原で広がる「SDGs」

社会

掲載号:2020年2月15日号

  • LINE
  • hatena
SDGsのロゴマーク(左)とカラーホイール
SDGsのロゴマーク(左)とカラーホイール

 ここ数年、目にする機会も増えた「SDGs(エスディージーズ)」。国連サミットで2015年に採択された、国際社会の共通目標で「持続可能な開発目標」と訳される。2030年までに持続可能な社会の実現を目指し、環境や人権、経済など幅広い社会の課題への取り組みを進めようというもの。国をはじめとする自治体だけでなく、多くの企業が賛同を表明し事業を展開している。

 SDGsは、17のゴール・169のターゲットで構成され、ゴールには、1「貧困をなくそう」、12「つくる責任つかう責任」、13「気候変動に具体的な対策を」など17種類のアイコンを作成。17色を円形にデザインした「カラーホイール」とロゴマークも合わせて視覚的なPRも図っている。

「多くの人がすでに取り組んでいる」

 小田原市は昨年7月、内閣府から「SDGs未来都市」に選定された。また、10月に設立した民間主体のおだわらSDGs実行委員会、さらに企業・団体等のパートナー(現状37団体)と普及啓発の取り組みを進めている。3カ年計画初年度の今年は「知る」が重点テーマだ。

 「概念から入ろうと思うとハードルが上がってしまう」というのは小田原市の担当者。「皆さんがすでに取り組んでいることが、SDGsそのものだと気づいてもらいたい」という。

啓発イベント2月に初開催

 市と同実行委員会による「おだわらSDGsウィーク」が2月16日(日)から開催される。

 【1】「おだわらSDGsフォーラム」16日午後3時〜6時、加藤憲一市長と鈴木悌介さん(小田原箱根商工会議所会頭)、川廷昌弘さん(小田原市SDGs推進アドバイザー)の対談、映画『二宮金次郎』上映。【2】「女性と描くおだわらのSDGs」22日(土)午後3時〜5時30分、同実行委員会メンバーと常井美幸さん(映画監督)らがジェンダーをテーマにトークセッションし、ドキュメンタリー映画『ぼくが性別《ゼロ》に戻るとき〜空と木の実の9年間〜』を上映。【3】「次世代と描くおだわらのSDGs」24日(月)午後1時〜3時。小学生や高校生によるSDGsの取り組み発表など。

 いずれも参加無料、【1】【2】会場/お堀端コンベンションホール・定員先着順150人、【3】会場/小田原地下街ハルネ小田原うめまる広場・定員先着順80人程度。(問)実行委員会【電話】0465・33・1253(事務局:小田原市企画政策課)

かんたん内窓で健康リフォーム!

断熱効果や結露軽減のほか、防音・目隠し効果もある樹脂製内窓で快適生活を。

http://www.lixil-madolier.jp/5000328/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

ドローンの活用を考える

ドローンの活用を考える 経済

ルールや申請方法など

2月22日号

スポーツ史ウェブで公開

スポーツ史ウェブで公開 スポーツ

小田原市体育協会が編集

2月22日号

自転車乗り方教室も

自転車乗り方教室も 教育

3月20日 サイクルフェス

2月22日号

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月22日号

食事でフレイル予防を

食事でフレイル予防を 社会

3月1日に市民公開講座

2月22日号

寄付

寄付 社会

2月22日号

「曽我兄弟の魅力伝えたい」

「曽我兄弟の魅力伝えたい」 文化

しもそが五郎十郎市

2月22日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 風魔忍者現る

    世界が憧れるまち”小田原” 意見広告

    風魔忍者現る

    守屋てるひこ

    2月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

岡本暁子ピアノリサイタル

岡本暁子ピアノリサイタル

4月11日 タウンニュースホール

4月11日~4月11日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク