小田原市 ひとり親世帯に5万円支給 国の定額給付金に追加

社会

掲載号:2020年5月9日号

  • LINE
  • hatena

 小田原市は4月30日、新型コロナウイルス感染症対策について記者会見を行い、市独自の経済対策や感染予防の追加策を発表した。

 1人あたり10万円が支給される国の特別定額給付金のほかに、市独自の生活支援として、ひとり親世帯への特別定額給付金を支給。児童扶養手当の受給者を対象に1人につき5万円を給付する。

 また、経済対策の第2弾として、雇用調整助成金等の申請支援、中小企業者への融資相談に、専門性の高い会計年度職員を任用。市内商業者の事業継続を支援するために、感染防止や顧客維持に向けて取り組む商店街や民間団体に対して具体的な相談を行った上で補助する。会見で加藤憲一小田原市長は支援金等の対象となっていない事業者に対しても「できるだけ早く対策をしていく」と述べ、経済対策を拡充する意向を示した。

 国の特別定額給付金については世帯主宛に申請書を順次郵送。家庭内暴力等の事情により世帯主と異なる場所で生活している人は、人権・男女共同参画課(【電話】0465・33・1725)で相談を受け付けている。

PCR検査場を設置

 感染症対策では(一社)小田原医師会の協力のもと、休日・夜間緊急診療所のサテライトとして(仮称)おだわら予約制PCRセンターを設置し、5月中旬から運用を開始する。開設場所は混乱や感染の防止、プライバシー保護等の観点から非公開とし、当面は月・水・金曜日の午後3時間程度、医療機関による診療を通じて必要とされた人のみドライブスルー方式で検査をする予定だ。

 加藤市長は国からの特別定額給付金給付事業費等補助金191億7572万円を含む、193億2943万8千円の補正予算を専決処分。独自策については小田原市新型コロナウイルス感染症緊急対策基金から1億5371万8千円を活用する。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook