港周辺飲食店 ドライブスルーで「魚食」 新需要掘り起こしに一策

経済

掲載号:2020年5月16日号

  • LINE
  • hatena
各店オススメの商品を手にする参加メンバー
各店オススメの商品を手にする参加メンバー

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の延長で、外出や経済活動自粛のため先行きが見通せないなか、地域団体が鮮魚料理や水産加工品など小田原漁港周辺のグルメを家庭で楽しめるドライブスルー型販売を開始した。

 『魚場(うおば)イーツ〜小田原漁港ドライブスルー大作戦』と名付けられた企画は、地魚の美味しさを広く伝えることを目的に活動を続けている小田原地魚大作戦協議会(田川修三会長)が発案。参加店舗が提供するメニューから商品を選び、電話予約したのちに、希望日時に「小田原早川漁村」(早川1の9の6)前で一括で受け取れるというものだ。前日までの予約で、当日は乗車したまま支払い・持ち帰りとなる。

 4月以降、漁港周辺の飲食店は例年比7〜8割の売上減となる店舗もあり、苦境が続いている。また宣言明け後も生活様式の変化が予想されることから「従来のやり方だけではなく、新しいことに挑戦しそれぞれの生活につながっていけば」と田川会長は意図を話す。

 PR用宣材は市内制作会社 おむろアカデミーが無償で作成するなど、応援の輪も広がり始まった魚場イーツ。田川会長は「小田原が誇る名産品を見つめ直し、おうちごはんを楽しんでもらえたら」と呼びかけている。

 参加店舗のメニューや詳細はフェイスブック「魚場イーツ」で確認できる。受付時間は午前10時から午後5時、予約は小田原早川漁村【電話】0465・24・7805で一括受付。

魚場イーツのQRコード
魚場イーツのQRコード

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

自宅療養者を支援

1市3町

自宅療養者を支援 社会

食料品手配など展開

1月22日号

キッチンカー「食べて応援」

小田原市

キッチンカー「食べて応援」 社会

市役所駐車場などを活用

1月22日号

なりわい文化を発信

全国産業観光フォーラム

なりわい文化を発信 文化

小田原市で2月17日、18日

1月15日号

ゆかりの地通じ街をPR

大河ドラマ

ゆかりの地通じ街をPR 文化

『鎌倉殿の13人』で市町活性化へ

1月15日号

2,270人が新成人に

1市3町

2,270人が新成人に 社会

小田原、真鶴で前年比増

1月8日号

小学生向けに報告会

小田原市議会

小学生向けに報告会 政治

「地方自治に関心持って」

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook