小田原産シラス 豊漁の季節間近に 市内唯一の漁船が奮闘中

経済

掲載号:2020年5月23日号

  • LINE
  • hatena
魚群を囲み一気に網を引き揚げる(5月12日撮影)
魚群を囲み一気に網を引き揚げる(5月12日撮影)

 今年も3月11日に解禁された相模湾のシラス漁。小田原漁港では市内唯一のシラス漁を行う漁船「第一和田丸」の和田博行さん(51)が早朝から沖に出ている。3月中の好漁から一転、連休前から不漁が続くなど、シラス漁は好不調の見極めが難しい仕事だ。

 浜からの遠浅が続く湘南や横須賀の地域で盛んに行われている相模湾のシラス漁。小田原は水深が急に深くなる地形(どん深)のために不向きとされている。

 ヒラメと伊勢エビ漁を中心に行っていた和田さんがシラス漁を始めたのは5年前。小田原漁港では10年ほど本格的なシラス漁が行われていなかったこともあり、他地域の先輩漁師に聞きながら挑戦を始めた。「4カ月獲れ続けて、ぱったり数カ月来ない時もある。黒潮の影響があるとは言われているけど、こればっかりは経験を積んでも分からないね」と笑う。

鮮度を保つ迅速さ

 朝4時には出港し、勘を頼りに沖に向かう和田さん。魚群探査機で群れが見つかれば、網で囲み一気に引き揚げる。シラスを船上で氷水に漬け、6時ごろに帰港。5月中旬の漁では約40kgを収穫し、水揚げ直後から賑やかなセリが行われた。

 主に市内のスーパーや鮮魚店に出回る小田原産シラス。「小田原のシラスは消費者に短時間で届く。鮮度抜群のものを食べてもらえるのが魅力」と和田さん。近隣では再びシラスの群れが戻っており、近いうちに店頭で「小田原産」を目にすることもできそうだ。

氷でしめる作業も和田さんらが船上で行う
氷でしめる作業も和田さんらが船上で行う

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ママ友が販路拡大に一役

はなぞのマルシェ

ママ友が販路拡大に一役 社会

地元店商品オンラインで

12月4日号

60周年で記念公演

小田原吹奏楽研

60周年で記念公演 文化

12月12日、三の丸ホールで

12月4日号

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook